ゼノデザインについて

思えば25年、長くもあり短くもあり

2018年1月でゼノデザインは25年目を迎えました。ゼノデザインの20周年をお知らせしたばかりだと思っていたのに、あっという間に25年目のご報告です。私たちを応援していただいた皆様にはホントに感謝、感謝です。今回は、オフィスももロゴデザインもそのままです。そして、26年目も同じようにデザインを続けると思います。自分でも不思議に思っていますが、いまだにデザインをするときのワクワクは変わりません。キャリアを重ね、引き出しも増え、自由に考えられようになったからでしょうか。表現者(デザイナー)に「飽きる」は禁句です。飽きないということは、ある種の才能かもしれません。飽きずに、デザインという井戸を掘り続けることが大切です。成果を目指し掘るのではなく、飽きずに、ただ掘り続けたいと思います。今後ともゼノデザインの井戸掘りを応援してください。ぜひ!
代表 山中道男

時代が新しいデザインサービスを必要としています。

長く、ゼノデザインはプロダクトデザインを中心に幅広くデザインを提供していました。今でも、製品のデザインが中心ですが、急速にGUI(グラフィックユーザーインタフェース)の業務が増えています。暮らし方が変化する中、デザイナーの役割も変わってきています。展示会デザインを通じ、映像制作だけでなく、VRコンテンツの制作にも関わるようになりました。ゼノデザインは時代の変化に合わせ、柔軟なデザインサービスを提供します。

作曲理論とデザインと、

以前、芸大で作曲理論を教えている講師の方とお話しする機会がありました。授業ではどのようなことを教えているんですか、とお聞きしたら。「傘って、布の端を何か所か固定してあるでしょ、作曲も傘と一緒なの。必要なポイントきちんと押さえておけば、傘を差した時と同じようにぴんと張って綺麗に見える作品になるの。だから私はこことここを押さえておけば間違いないという、作曲のこつを教えているの。」と言われました。
素人の私に分かりやすく説明してくれたのでしょうが、その抽象力に感銘を受けました。
これってデザインと全く同じです。一つの商品に至るまでの抑えるべきポイントがあります。スタイリング、機能、カラーリング、環境配慮、などなど、それらを俯瞰してみたときバランスよく整っているのかです。そうです、きちんと傘がぴんと張った状態になっているのかです。確かに、まんべんなく配慮された商品は市場でも評価されます。
ただ実際で商品開発に関わっていると、バランスの取れた六角形八角形になっているかと言えば、必ずしもそうではないです。極端にマーケティングにかたよったり、ギミックにこだわりすぎだったりで、案外いびつな形状の傘になってしまうことがあります。じゃあ、いびつな商品がダメかというと、むしろ、いびつな商品の方がヒット商品になる事もあります。バランスが取れた優等生的な商品より、チョット変だけど愛らしいほうが現代的な商品魅力につながるようです。作曲理論を教えている講師の方も、きっと基本を学生に伝えているのだと思います
ゼノデザインも基本は基本で押さえておきながら、「いびつ」な魅力もきちんとデザインできるように準備しなくてはいけませんね。

失敗する勇気(デザインの手法で考えよう)

最近、企業内で意欲的な開発や発想ができなくなった、といったご相談をたびたび受けます。これは、効率や品質を高めるための考え方が率先して導入されたことによります。日本人はこのような努力がとても得意なので瞬く間に効率を優先するものづくりが日本中に広がりました。そのため、どうなったというと失敗を否定するような雰囲気がジワリと広がってきました。失敗するより何もしないほうが評価されるのであれば誰も新しいことは考えません。その点、デザイナーは新しいことを生み出すことが宿命の職業です。言わば失敗は当たり前、その先に大発見があることを経験的に知っています。デザイナーは色や形を考えるだけでなく、違った視点で開発や広報などのアドバイスもできます。そうなんですゼノデザインはお客様が勇気をもって失敗するアドバイスもしています。

プロダクトデザイン

ゼノデザインの仕事の中で最も多くの割合を占めているのが家電製品などを代表とするプロダクトデザインです。一般的に工業デザイン/インダストリアルデザインなどともいわれているジャンルでゼノデザインではベビー用品から各種産業機器まで幅広い製品のデザインを手がけています。

ブースデザイン

ゼノデザインの強みは製品のデザインだけにとどまらず製品のロゴやパンフレット、パッケージ、そして展示会のブースデザインまでも手掛けることです。展示会を一つのお祭りと考え常に来場者目線でブースをデザインすることで他社とは一味違ったブースデザインを御提案します。

一般的に、展示装飾業者は大変手際よく、効率的にブースを制作します。ところが、私たちは工業デザイナー的もの作りの視点で、ブースデザインをするため、時に大工さんにご苦労をかけてしまうことがあります。これは、私たちが効率よりもクリエーティブを優先するからです。同じ手法を繰り返すほうが工期やコストの点で安心ですが、楽しくありません。この「楽しく」はデザイナーだけでなく、お客様に共感していただくことが大切です。完成された楽しいブースに湧き出す感情は必ず周囲、来客者に伝わります。楽しい・わくわくする感情は不思議と来場者に伝わって、ブースの印象につながります。結果、それがお客様の展示会開催の成功に結び付くのです。

 

ゼノデザインブログ

3Dソフト:デザインツールとしてのblender2.81

koishiです。デザイナーが使うソフトといえばグラフィック系では王者アドビシステムで決まりですが3DソフトとなるといまだスタンダードがなくCADやCGソフトなど業種によって様々なソフトが入り乱れているのが現状です。一般の人にはわかりづらいですが3Dソフトといっても設計ではCAD、CGや動画制作には3DCGソフトとジャンルが分かれていて用途や操作感が全くの別物です(アドビでいえばイラストレータとフォトショップの違いといった感じでしょうか)そしてプロダクトデザイナーは設計/開発とビジュアル化もしないといけないので日常的にどちらも併用したりします。 有名な設計系のソフトでは CATIA やThinkDesign、Solidworks、CG制作であれば3dsmaxやMaya、Cinema4Dなど各ソフトの特徴や癖などもあり様々です。値段的にはいずれもミッドレンジといわれるものでも年間数十万円~。しかし昨今は3Dでもフリーソフトが急激に進化しつつあります。特にCAD大手のオートデスクでは個人使用に限りfusion360をフリーで提供。建築系に強いSketchUpも機能制限版はフリー。SketchUpは導入のしやすさと使いやすさから設計者だけでなく企画やマーケティング系の人でもプレゼン資料用に使用するなど裾野は確実に広がっています。そして去年CG業界でも話題にになったNEWSがこちら↓ https://japanese.engadget.com/2019/08/14/blender-khara/ 劇場版エヴァの制作会社がツールを3DCGの横綱3dsmaxからなんとフリーソフトのblenderへ移行するとのこと。ツールについてプレスリリースを発表すること自体異例ですがこれはフリーソフトblenderのパフォーマンスがプロユーザーの要求に十分追いついていることの裏付けでもあります。blenderはキャラクターやアニメ系のソフトといったイメージが強く今まで様子見でしたが去年の大幅リニューアルでその独特な(とっつきにくい)UIがかなり改良されました。そんなこともあって今年、手が空いた隙に満を持してテスト開始です。プロダクトデザイナーが使用した情報が少ないので不明/不安な部分もありましたが1週間使用した感じでは特徴をうまく使えば十分にデザインツールとして活用できそうです。インターフェースはやはりまだ独特ですがモデリング/レンダリング/アニメーションとすべて取り込んでいる統合型ソフトとしてはそれほど難解な感じでもありません。 なにより使って一番驚いたのは動作の軽さと安定性で型落ちのPCでもフリーソフトにありがちなフリーズやエラー、もっさり感が全くありません。まだそれほど重い作業をしまだしていないこともありますがぎこちない動きも全くない安定感は高評価です。モデリングは基本ポリゴンなのでCADのような精密な作図はできませんがオブジェクトの寸法や位置は正確に数値でコントロールできるのでインテリア、ブースデザイン等には適しています(掲載のブース画像はブレンダーでブース制作後、手持ちの自動車データをインポート)またレンダリングですがリアルタイムレンダラー「Cycles」がパストレーシングでサクサク動くためレンダラーとしても十分使えます。デザイナーとしては願わくば各種3D形式や平面図へのインポート/エクスポートが標準でもっと強化されればかなり有効なツールになるかと思います。 思えば25年前、まだ3DCGのハードルが今より高かった頃、ハード/ソフトに何十万円もつぎ込み不安定なストラタを小さいブラウン管の画面で必死に使っていたころが懐かしいです。この数十年で物の価値が本当に激変しているのを痛いほど実感させられますね。

CES2020+VISION-S

あけましておめでとうございます。koishiです。このところ盛り上がりを見せるラスベガスで開催中のCES2020にてsonyが自動車をプレゼンするというサプライズがありました。 実際には期待された自動車の販売ではなく各種センサーや部品、制御技術、未来のインテリア体験をアピールするためのプレゼンでしたが技術展示のコンセプトカーとしてはかなり実直というか市販車レベルの完成度なのが気になります。技術展示のショーモデルは通常、イメージを中心としたインパクトのある抽象的な形にするのが常識ですが今回は全く逆でかなりリアルに作りこんでます。どことなく数年後の実車販売を期待させますがそのあたりは特にアナウンスされてません。とはいえappleより先に具体的なものを発表できたのはいまのところかなり高評価ですね。

2019→2020

あけましておめでとうございます。 いつもいつも、皆さんのご支援には本当に感謝しております。 27年目を迎えるゼノデザインも年を重ねるごとに、皆様とは単なるお仕事のやり取りでは済まない、大きな縁を感じています。以前、XENOのENは縁とも読めるね、と教えてくださったお客様がいました。それ以来、XバツからO丸に縁でで結びますよ、と社名の由来をお話しするようになりました。その縁もコツコツ重ね27年目です。2020年、今年もこの縁が深まり、皆様の発展のお手伝いができるよう努力していていきたいと思っております。今後ともよろしくお願いいたします。 代表取締役 山中道男 Photo : 河口湖大石公園より撮影、冬の富士 tari_photo様よりご提供いただきました。 https://www.instagram.com/tari_photo/

会社概要

商号:有限会社ゼノデザイン
設立:1993年4月
代表:山中 道男
住所:〒112-0004 東京都文京区後楽2-2-20 井上旭門ビル2F

TEL: 03-5805-0981
FAX: 03-5805-0982
mail: info@xenodesign.co.jp

 

業務内容
・インダストリアルデザイン
・インターフェイスデザイン
・カラーリング・グラフィックスデザイン
・パッケージデザイン
・デザインコンサルティング
・展示会ブースデザイン・施工
・デザインモデル製作
・建築/インテリアパース、各種CG製作