ゼノデザインについて

2020のデザインメッセージ・ビジネスはアートを目指す

昨年、経済産業省から、デザイン経営宣言という提言が報告書という形で発表されました。

https://www.meti.go.jp/press/2018/05/20180523002/20180523002.html

ご存知でしたでしょうか?これには少し驚かされました。その冒頭に、【経済産業省・特許庁は、デザインによる我が国企業の競争力強化に向けた課題の整理とその対応策の検討を行い、『「デザイン経営」宣言』として報告書を取りまとめた】とありました。永くデザインに携わっていますが、ここまで強いメッセージで、デザイン経営を取り入れなければ国際舞台で負けますよという提言は初めてです。詳細については読んでいただくとして、重要なのは、デザインの技術ではなく、デザイン経営だという点にあります。従来ではデザイナーを使って製品開発を進めようでしたが、このデザイン経営宣言では企業の経営にデザインが不可欠だと踏み込んでいます。少しばかり驚きましたが、やっと日本もここまで来たのかという感慨も大きいです。

しかし、世界はさらに進んでいます。山口周氏の著書「世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか?」にこう紹介されています。「英国のファイナンシャルタイムズが、いわゆる伝統的なビジネススクールに出願数が減少傾向にある一方で、アートスクールや美術系大学によるエグゼクティブトレーニングに多くのグローバル企業が幹部を送り込んでいる、と報じている。」この現象は、MBAで学ぶような分析的なスキルより、複雑で不安定な世界では美術系大学で学ぶような創造的なスキルのほうに関心が高まっていることによります。経営を数値で計測することには限界がでています。その数値では表せない価値をスケッチや言語化して見えるようにするのはデザインの得意とするところだからです。

ゼノデザインは、この複雑で不安定なこの世界で、デザインができることを探しつ続けたいと考えています。

代表 山中 道男

プロダクトデザイン

ゼノデザインの仕事の中で最も多くの割合を占めているのが家電製品などを代表とするプロダクトデザインです。一般的に工業デザイン/インダストリアルデザインなどともいわれているジャンルでゼノデザインではベビー用品から各種産業機器まで幅広い製品のデザインを手がけています。

ブースデザイン

ゼノデザインの強みは製品のデザインだけにとどまらず製品のロゴやパンフレット、パッケージ、そして展示会のブースデザインまでも手掛けることです。展示会を一つのお祭りと考え常に来場者目線でブースをデザインすることで他社とは一味違ったブースデザインを御提案します。

一般的に、展示装飾業者は大変手際よく、効率的にブースを制作します。ところが、私たちは工業デザイナー的もの作りの視点で、ブースデザインをするため、時に大工さんにご苦労をかけてしまうことがあります。これは、私たちが効率よりもクリエーティブを優先するからです。同じ手法を繰り返すほうが工期やコストの点で安心ですが、楽しくありません。この「楽しく」はデザイナーだけでなく、お客様に共感していただくことが大切です。完成された楽しいブースに湧き出す感情は必ず周囲、来客者に伝わります。楽しい・わくわくする感情は不思議と来場者に伝わって、ブースの印象につながります。結果、それがお客様の展示会開催の成功に結び付くのです。

 

ゼノデザインブログ

デザインと野村克也氏

野村克也氏が亡くなりました。すでに多くの方がコメントされているように、プロ野球界に多くの功績を残された偉大な野球人です。しかし彼のプレイヤーとしての能力よりも、彼の語る野球観に私は魅入られました。プロ野球といえば天才たちの集団です。長嶋の逸話で、来た球をこうバーンっと打つんだよ、と訳の分からないバッティング指導は、天才でしかわからないイメージのバッティング理論です。こんな指導された若い選手はたまったものではありません。その点、野村氏は野球をきちんと言語化して選手を指導していました。つまり野村氏だけが野球を設計・デザインすることができたのです。野球を合理的に美しく完成するためのスキル、これは間違いなくデザインです。 野村氏だけが野球を言語化できると指摘していたのは、Web千夜千冊を主宰する知の巨人、松岡正剛氏でした。松岡氏の著書「知の編集工学」のなかでは編集とは「該当する対象の構造を読み解き、それを新たな意匠で再生するものだ」 と述べています。とすれば、まさに編集とはデザインそのものなのです。雑誌の編集作業で行われる、様々な情報(記事・写真・図表)を読者に相応しく再構成する行為は、機構部品や操作部をユーザーに向けて再構成する製品デザインと同じです。そして、野球の監督もデザイナーも目指す者はそのプロジェクトの成功であることでも同じです。野球の大功労者、野村克也氏の冥福を心よりお祈りしたいと思います。

花粉シーズン到来

koishiです。今年はまれにみる暖冬のせいか早めに来たようです。去年猛暑だったため今年は量は少ないそうですが2月で春のような温かさが続くような異常気象では気休め程度の情報です(南極では初の20度越えをしたとか…) そして今は追い打ちをかけるようにコロナウィルスのせいでマスクが全く手に入りません。とはいっても肺炎は命にかかわるので致し方ない状況です。以前ガーゼで自作する方法を掲載しましたが今やそのガーゼやゴム紐も手に入れにくい状況でこれはもう紙で作るしかないかと思っていたらすでにyoutubeにキッチンペーパーで簡易マスクを作る方法が数多く投稿されてます。気になる方は検索してみてください。こんなものでと思われるかもしれませんが使い方によっては市販のマスクにこだわるよりこういった簡易マスクを数時間もしくは数十分おきに使い捨て行くほうが効果的かもしれません。これを機にマスクの構造や使い方に対する研究がもっと盛んになればありがたいですね。個人的には18年前のSARSや鳥インフル、PM2.5などを経て最近では3Dスキャナーと3Dプリンターを使って自分に完全にフィットしたマスクを作れないかと常々考えていましたがそろそろ実行に移す時でしょうか。何せ市販のマスクではどうしても隙間や装着時のストレスなど課題が多く自分の生活にフィットするものがなかなかない状況です。

Coronavirus

このところマスクが手放せないItoです。今、盛んに報道されていますが、コロナウイルス感染者が出た豪華クルーズ船「Diamond Princes」なんとFacebook友達でもある私の高校後輩が友人と一緒に乗船されていて、船内状況がFacebook経由で伝わってきます。前代未聞の出来事ですが、ご本人の許可を得て画像を公開します。 報道ではかなり不安を煽るような伝え方をしてますが、船内はパニックや緊迫感はなく平穏とのことです。ただし新たな感染者が出たので、いままで自由だったパブリックスペースへの出入りが制限されはじめたようです。二週間のクルーズだったそうですが、厚生労働省がこれからさらに二週間の沖合停泊を求めているとか。ネット上では「絶対に下船させるな!」とか「隔離だ!」」とかの言葉が飛び交っていますが、乗客の方々は仕方ないと思う反面、いつになったら下船できるのか心配されています。今回の件は乗客や船会社に特段の落ち度があったとは思えないですし(沖縄で一度検疫されたそうです)横浜沖合に停泊中というのは3000人もの乗員乗客の拡散予防措置も含めてある意味最善の対応と思えます。でもさらに二週間停泊となると乗客の体調や持病のある方の常用薬(糖尿・心臓・血圧・精神疾患など)の心配がありますね。乗員の方々も休みなしでサービスを提供し続けるのは大変と思います。厚労省は今は検疫で手一杯でも、そういうところのケアは必要でしょう。こういう事象が起こると「野党は国難の時に【桜を観る会】の追求などしてるばあいか!」とかいう意見が必ず出ますが、政治というのは同時多発的に起こる問題を解決していくのが使命ですから「あっちをやるからこちらをやらない」という選択ではなく「どちらも必要なことをしっかりやる」が正しいと思います。ともあれ一刻も早くVirusの感染が収束して乗客乗員のみなさんが無事に下船できますように。

会社概要

商号:有限会社ゼノデザイン
設立:1993年4月
代表:山中 道男
住所:〒112-0004 東京都文京区後楽2-2-20 井上旭門ビル2F

TEL: 03-5805-0981
FAX: 03-5805-0982
mail: info@xenodesign.co.jp

 

業務内容
・インダストリアルデザイン
・インターフェイスデザイン
・カラーリング・グラフィックスデザイン
・パッケージデザイン
・デザインコンサルティング
・展示会ブースデザイン・施工
・デザインモデル製作
・建築/インテリアパース、各種CG製作