ゼノデザインについて

2020のデザインメッセージ・ビジネスはアートを目指す

昨年、経済産業省から、デザイン経営宣言という提言が報告書という形で発表されました。

https://www.meti.go.jp/press/2018/05/20180523002/20180523002.html

ご存知でしたでしょうか?これには少し驚かされました。その冒頭に、【経済産業省・特許庁は、デザインによる我が国企業の競争力強化に向けた課題の整理とその対応策の検討を行い、『「デザイン経営」宣言』として報告書を取りまとめた】とありました。永くデザインに携わっていますが、ここまで強いメッセージで、デザイン経営を取り入れなければ国際舞台で負けますよという提言は初めてです。詳細については読んでいただくとして、重要なのは、デザインの技術ではなく、デザイン経営だという点にあります。従来ではデザイナーを使って製品開発を進めようでしたが、このデザイン経営宣言では企業の経営にデザインが不可欠だと踏み込んでいます。少しばかり驚きましたが、やっと日本もここまで来たのかという感慨も大きいです。

しかし、世界はさらに進んでいます。山口周氏の著書「世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか?」にこう紹介されています。「英国のファイナンシャルタイムズが、いわゆる伝統的なビジネススクールに出願数が減少傾向にある一方で、アートスクールや美術系大学によるエグゼクティブトレーニングに多くのグローバル企業が幹部を送り込んでいる、と報じている。」この現象は、MBAで学ぶような分析的なスキルより、複雑で不安定な世界では美術系大学で学ぶような創造的なスキルのほうに関心が高まっていることによります。経営を数値で計測することには限界がでています。その数値では表せない価値をスケッチや言語化して見えるようにするのはデザインの得意とするところだからです。

ゼノデザインは、この複雑で不安定なこの世界で、デザインができることを探しつ続けたいと考えています。

代表 山中 道男

プロダクトデザイン

ゼノデザインの仕事の中で最も多くの割合を占めているのが家電製品などを代表とするプロダクトデザインです。一般的に工業デザイン/インダストリアルデザインなどともいわれているジャンルでゼノデザインではベビー用品から各種産業機器まで幅広い製品のデザインを手がけています。

ブースデザイン

ゼノデザインの強みは製品のデザインだけにとどまらず製品のロゴやパンフレット、パッケージ、そして展示会のブースデザインまでも手掛けることです。展示会を一つのお祭りと考え常に来場者目線でブースをデザインすることで他社とは一味違ったブースデザインを御提案します。

一般的に、展示装飾業者は大変手際よく、効率的にブースを制作します。ところが、私たちは工業デザイナー的もの作りの視点で、ブースデザインをするため、時に大工さんにご苦労をかけてしまうことがあります。これは、私たちが効率よりもクリエーティブを優先するからです。同じ手法を繰り返すほうが工期やコストの点で安心ですが、楽しくありません。この「楽しく」はデザイナーだけでなく、お客様に共感していただくことが大切です。完成された楽しいブースに湧き出す感情は必ず周囲、来客者に伝わります。楽しい・わくわくする感情は不思議と来場者に伝わって、ブースの印象につながります。結果、それがお客様の展示会開催の成功に結び付くのです。

 

ゼノデザインブログ

マスク製造はじめました

koishiです。各世帯に二枚配布で話題のマスクですがすでに手持ちも少なくなってきたので製造開始です。とはいってもまだ完全に個人の試作レベルですが… もうすでにyoutubeにたくさんの動画が上がっていて街中でも自作マスクをかなり見かけるようになりました。特に花粉症の人は喉/鼻の保護が目的なので自作のほうが都合がいいこともあります。いくつかの素材や縫製を試しつつデザインを探っていますが一番簡単に作れるのは昔ながらの四角いガーゼマスクタイプです。しかし慣れとは恐ろしいもので立体マスクが当たり前になってしまった現在ではあの四角い昔ながらのマスクは口に貼りつき長時間の使用はかなりストレスフルです。マスク上級者としては最低限プリーツマスクか立体マスクでないと実用上はかなり厳しいものがあります。なので作るのも当然立体形状です。 実家が縫製工場だったこともあり形状自体はシンプルなので縫うのはそれほど難航せずにできます。それよりも一番難しいのはやはり生地選びでした。顔に直接密着するので薄すぎても厚すぎても作りやすさや装着感に影響するので今のところ厚みと伸縮性のあるTシャツ生地が一番無難な感じで落ち着いてます。 真っ白は定番ですが汚れが気になるので若干の色や柄が付いたもののほうが実用的です。 https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-dior-idJPKBN21J48U https://gazoo.com/news/r333241.html 異業種のブランドからも続々布製マスクが登場しているので今年の秋からは布マスクが主流となるでしょうか。

自転車通勤が推奨されているようです。

koishiです。自転車通勤に切り替えてからすでに三年目が経過しました。そして今、例のコロナの影響で自転車通勤が推奨されているようです。なので自分なりの経験上得たポイントを3つほどピックアップします。 1「ママチャリでOK」 頑張ってフルカーボンの高級ロードを買う必要はありません。特に都市部の場合、信号と渋滞がひどくStop&Goの連発なので過度な前傾姿勢は不安定で危険です。むしろママチャリのタイヤの太さとポジションのほうが都心の移動には向いています。50年以上の歴史で鍛え上げられた日本のママチャリは最強の都心型モビリティです。ただどんな自転車でもしっかり整備してポジションを合わせることだけは必ず行ってください。でないと少しづつストレスがたまり体を壊す原因にもなります。 2「ウェアやサングラスは必須」ゴアテックスのような通気/撥水系のジャケット、グローブ、ヘルメット、サングラス、しっかりと背負えるバックパック等は必須です。暑かったり寒かったり、目にゴミが入ったり手がかじかんだりカバンがぶらぶらしていたりといった小さなストレスが重なると注意力や持続力が次第に削がれていきます。快適に走るには自転車本体よりもむしろウェアやグッズに注力するべきです。 3「無理に走らない…」自転車通勤というと会社まで車道を懸命に走るイメージがありますがそんな必要は全くありません。ゆっくり走ってさらに疲れたり混雑しているときは途中押して歩いたほうが疲労もたまらず危険性も減らせます。そして一番注意したいのが上り坂です。坂道をハアハア言いながら登っている人がいますが特に中高年の急激な心拍の上昇は循環器に負担がかかるだけでほとんどメリットがありません。一度休憩を取る意味でも坂道はゆっくり押して上りましょう。さらには坂道だけでなく工程の半分くらいを歩くくらいのほうが逆にバランスのいいエクササイズになるでしょう。 片道1時間前後で自転車通勤可能であれば以上のような細かいポイントを少しずつおさえて慣れていくと満員と遅延連発のあの電車通勤には戻れなくなります。そして終電を気にしなくていい点はメリットなのかデメリットなのか… 判断は皆さんにお任せします。

GUIのフォント

koishiです。プロダクトデザインでも画面(UIデザイン)の重要性と需要が日に日に増していることは以前から書き連ねてますがそこで今までの印刷の操作パネルとUIデザインならではの重要な違いが一つあります。それはフォント(書体)の著作権と使用料です。 雑誌やパンフレット、操作パネル等の印刷媒体ではデザイナーが正規購入のフォントを使用して印刷される分には書体の使用料を追加で請求されることはありません。しかしこれが画面となると話は別です。画像にした文字でも装置に保存もしくは組み込まれると1台当たりの費用が必要になる場合があります。この費用や権利関連はフォントメーカーによって微妙に条件が違うので特に注意が必要です。(これが結構な費用になるので見落とすと予想外に製品コストを押し上げる要因になったりもします) とはいっても必ず使用料を払わなければいけないかというとそうでもありません。今は著作権フリーのフォントが数多く出回っているのでコストを抑えたい場合は画面での使用もOKなフリーフォントを使用することもできます。その代表的なフォントが下記のIPAフォントです。標準的なゴシックと明朝の2書体で画面での使用もフリーです(書体のウェイトが1種類しかないのが唯一惜しいところでしょうか) https://ipafont.ipa.go.jp/index.html 他にはgoogleもWEBや電子書籍を対象にしたフリーフォントを公開していたりと調べると多くのフリーフォントが見つかります。しかしプロダクトデザインの場合ここで注意しなければならないのが特に産業機器などの場合ライフサイクルが長く10年~20年同じ製品を改修しながらリリースし続ける場合が多い点です。息の長いプロダクトにWEB上にあった適当なフォントを使ってしまうと後々の修正時にそのフォントが手に入らなくなっている可能性があります。大手フォントメーカーなら信頼性やサポートは期待できますがほとんどが副業的に運営しているフリーフォントでは長期のサポートはおろかいつ「諸般の事情により配布中止になりました」となっても文句は言えません。なのでフリーフォントは気軽に使えるイメージですがプロダクトの場合実際にはその逆で使うときはかなり慎重に選択する必要があります。特に日本語はご存じの通り文字数が非常に多く複雑なので高品質な日本語のフリーフォントとなると大手や資金力のあるところでないと開発と長期の維持は難しいものがあります。フォントの世界は電子化されて簡便になるかと思いきやさらに奥が深まってますね。

会社概要

商号:有限会社ゼノデザイン
設立:1993年4月
代表:山中 道男
住所:〒112-0004 東京都文京区後楽2-2-20 井上旭門ビル2F

TEL: 03-5805-0981
FAX: 03-5805-0982
mail: info@xenodesign.co.jp

 

業務内容
・インダストリアルデザイン
・インターフェイスデザイン
・カラーリング・グラフィックスデザイン
・パッケージデザイン
・デザインコンサルティング
・展示会ブースデザイン・施工
・デザインモデル製作
・建築/インテリアパース、各種CG製作