ゼノデザインについて

2020のデザインメッセージ・ビジネスはアートを目指す

昨年、経済産業省から、デザイン経営宣言という提言が報告書という形で発表されました。

https://www.meti.go.jp/press/2018/05/20180523002/20180523002.html

ご存知でしたでしょうか?これには少し驚かされました。その冒頭に、【経済産業省・特許庁は、デザインによる我が国企業の競争力強化に向けた課題の整理とその対応策の検討を行い、『「デザイン経営」宣言』として報告書を取りまとめた】とありました。永くデザインに携わっていますが、ここまで強いメッセージで、デザイン経営を取り入れなければ国際舞台で負けますよという提言は初めてです。詳細については読んでいただくとして、重要なのは、デザインの技術ではなく、デザイン経営だという点にあります。従来ではデザイナーを使って製品開発を進めようでしたが、このデザイン経営宣言では企業の経営にデザインが不可欠だと踏み込んでいます。少しばかり驚きましたが、やっと日本もここまで来たのかという感慨も大きいです。

しかし、世界はさらに進んでいます。山口周氏の著書「世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか?」にこう紹介されています。「英国のファイナンシャルタイムズが、いわゆる伝統的なビジネススクールに出願数が減少傾向にある一方で、アートスクールや美術系大学によるエグゼクティブトレーニングに多くのグローバル企業が幹部を送り込んでいる、と報じている。」この現象は、MBAで学ぶような分析的なスキルより、複雑で不安定な世界では美術系大学で学ぶような創造的なスキルのほうに関心が高まっていることによります。経営を数値で計測することには限界がでています。その数値では表せない価値をスケッチや言語化して見えるようにするのはデザインの得意とするところだからです。

ゼノデザインは、この複雑で不安定なこの世界で、デザインができることを探しつ続けたいと考えています。

代表 山中 道男

プロダクトデザイン

ゼノデザインの仕事の中で最も多くの割合を占めているのが家電製品などを代表とするプロダクトデザインです。一般的に工業デザイン/インダストリアルデザインなどともいわれているジャンルでゼノデザインではベビー用品から各種産業機器まで幅広い製品のデザインを手がけています。

ブースデザイン

ゼノデザインの強みは製品のデザインだけにとどまらず製品のロゴやパンフレット、パッケージ、そして展示会のブースデザインまでも手掛けることです。展示会を一つのお祭りと考え常に来場者目線でブースをデザインすることで他社とは一味違ったブースデザインを御提案します。

一般的に、展示装飾業者は大変手際よく、効率的にブースを制作します。ところが、私たちは工業デザイナー的もの作りの視点で、ブースデザインをするため、時に大工さんにご苦労をかけてしまうことがあります。これは、私たちが効率よりもクリエーティブを優先するからです。同じ手法を繰り返すほうが工期やコストの点で安心ですが、楽しくありません。この「楽しく」はデザイナーだけでなく、お客様に共感していただくことが大切です。完成された楽しいブースに湧き出す感情は必ず周囲、来客者に伝わります。楽しい・わくわくする感情は不思議と来場者に伝わって、ブースの印象につながります。結果、それがお客様の展示会開催の成功に結び付くのです。

 

ゼノデザインブログ

Apple Watch交換品が届くも…

sugitaです。先日のApple Watchの続きになります。早速交換品が届きました!これでApple Watch2回目の開封です。Apple製品は何度目でも開封が楽しいですね。 2度目のはじめまして。 スタンダードモデルのバンドとはいえこのしっとりすべすべの質感は、さすがはApple。 次こそはちゃんと固定されることを祈りながら、バンドを本体に通します。ところが… あれれ?またバンドがロックされません。問題があるのはとめ具がある側で、上下付け替えたり表裏どの方向で試してもバンドが固定できません。小穴側のバンドは上下どちらも問題なく固定されるのでどうやら、とめ具側のバンドがおかしいようです。これは前回返品したものと全く同じ症状です。また初期不良を引いてしました…今回は交換ではなく返品を選ぶことにしました。やはり、一番初めに生産された初期ロットは避けたほうが無難なのかもしれませんね。ネットで調べてみるとApple Watchに限らず、どの製品も初期ロットの不良率は高いようです。以上、新製品恐怖症になったsugitaからの報告でした。

Apple Watch SEを購入。初期不良に当たるの巻

sugitaです。先日10年ぶりに新しい腕時計を買いました。 そう、新発売の「Apple Watch SE」です。 スマートウォッチは安いもので1000円台からあり、今や手軽に手に入るものとなってしまいました。でも、Apple Watchは別格です。 Apple Watchは現行品は3世代前にあたる「Series 3」、最新モデル「Series 6」そして、Series 6の廉価版とされる「SE」がラインナップされています。 Series 3は2万を切る値段(税抜き価格)でApple Watchが新品で買えるという魅力があります。しかし、発売からすでに3年が経っていることを考えるとそろそろOSのアップデートから外されてもおかしくないと思われます。 ということで最新モデルの廉価版であるSEが初Apple Watchとしてベストチョイスだと考え購入に至りました。 早速開封しましょう。一番外側の包装を開くとカラフルなアップルウォッチのパターンイラストが現れました。内側もしっかり作りこむAppleの意気込みを感じます。 バンドと本体は別々に梱包されていました。 本体側を開封。ケーブルと本体と説明書のみです。いつもの白い電源アダプターは入っていませんでした。そういえば今回Appleは環境面に配慮してApple Watchシリーズに電源アダプターを同梱しないことをアナウンスしていましたね。今月発表が期待されているiPhone12も電源アダプター廃止になるとネットで噂になっているので、もしかしたら同梱されないかも…?。 バンド側には長いバンドと短いバンドが同梱されています。2種類選べるので手首のサイズが合わなくてつけられないということはなさそうです。嬉しい配慮ですね。 こちらが本体です↑ 早速バンドを取り出して本体につけようしたところ、ここでトラブルが発生・・・ なんと片方のバンドが本体につけられません。これが何度やってもつけられない。本来であればスライドさせて中心に来たところで「パチッ」と鳴って固定されるんです。でもこれはそのまま音を立てずスルッと通過してしまいます。調べてみるとこの初期不良はよく報告されているようで、なんと初代モデルのApple Watchからこれは改善されていないようです。これは困りましたね。同じ症状の方がYouTubeにアップされていました↓ その後何度やってもバンドがつけられないので、残念ながらこのApple Watchは返品することにしました。休日にこのApple Watchをいじり倒すつもりでいたので、ショックですね。代理店に商品の交換を頼んだので、新しいAppleWatchが届くのを気長に待つことにします。 それにしても、この設計を早く改良してほしいですね。6世代目に入ってもこの状態なので、もしかしたら今後もずっとこの方式なのでしょうか・・・

無印良品のカードケース(東京駅限定) 

先日、久しぶりに新幹線に乗って出張に行ってきたkamotoです。未だに車内はガラガラで一人一列といった乗車率でした。 早めに東京駅に着いたので、以前koishiが紹介していた「グランスタ東京」内にある、深沢直人氏がキュレーションを行った「IDÉE TOKYO」を覗いてきました。 http://xenodesign.org/?p=3406 何気なく店内を見て回っていたのですが、ショーケースの中に見慣れた形、だけども見慣れないカラーのカードケースを発見しました。店員さんに聞いてみると無印良品で展開しているアルミカードケースのIDEE TOKYO限定カラーだそうで、実際に手に取ってみると黒色アルマイト処理がきれいにされており、ついつい買ってしまいました。 https://www.idee-online.com/shop/contents1/ideetokyo.aspx 今回の打ち合わせは初顔合わせのお客様だったので、早速使得ると思い、乗車するやいなや開封してしまいました。店内ではそこまで細かく見ていませんでしたが、よく見てみるとアルミの曲げもきれいで、蓋と本体の合わせ面も非常に精度が高く、これで¥500か!と驚いてしまいました。 無印良品のモノづくりの努力と、自分の限定品への弱さに改めて気づかされた、そんな出張になりました。

会社概要

商号:有限会社ゼノデザイン
設立:1993年4月
代表:山中 道男
住所:〒112-0004 東京都文京区後楽2-2-20 井上旭門ビル2F

TEL: 03-5805-0981
FAX: 03-5805-0982
mail: info@xenodesign.co.jp

 

業務内容
・インダストリアルデザイン
・インターフェイスデザイン
・カラーリング・グラフィックスデザイン
・パッケージデザイン
・デザインコンサルティング
・展示会ブースデザイン・施工
・デザインモデル製作
・建築/インテリアパース、各種CG製作