ゼノデザインについて

思えば25年、長くもあり短くもあり

2018年1月でゼノデザインは25年目を迎えました。ゼノデザインの20周年をお知らせしたばかりだと思っていたのに、あっという間に25年目のご報告です。私たちを応援していただいた皆様にはホントに感謝、感謝です。今回は、オフィスももロゴデザインもそのままです。そして、26年目も同じようにデザインを続けると思います。自分でも不思議に思っていますが、いまだにデザインをするときのワクワクは変わりません。キャリアを重ね、引き出しも増え、自由に考えられようになったからでしょうか。表現者(デザイナー)に「飽きる」は禁句です。飽きないということは、ある種の才能かもしれません。飽きずに、デザインという井戸を掘り続けることが大切です。成果を目指し掘るのではなく、飽きずに、ただ掘り続けたいと思います。今後ともゼノデザインの井戸掘りを応援してください。ぜひ!
代表 山中道男

時代が新しいデザインサービスを必要としています。

長く、ゼノデザインはプロダクトデザインを中心に幅広くデザインを提供していました。今でも、製品のデザインが中心ですが、急速にGUI(グラフィックユーザーインタフェース)の業務が増えています。暮らし方が変化する中、デザイナーの役割も変わってきています。展示会デザインを通じ、映像制作だけでなく、VRコンテンツの制作にも関わるようになりました。ゼノデザインは時代の変化に合わせ、柔軟なデザインサービスを提供します。

作曲理論とデザインと、

以前、芸大で作曲理論を教えている講師の方とお話しする機会がありました。授業ではどのようなことを教えているんですか、とお聞きしたら。「傘って、布の端を何か所か固定してあるでしょ、作曲も傘と一緒なの。必要なポイントきちんと押さえておけば、傘を差した時と同じようにぴんと張って綺麗に見える作品になるの。だから私はこことここを押さえておけば間違いないという、作曲のこつを教えているの。」と言われました。
素人の私に分かりやすく説明してくれたのでしょうが、その抽象力に感銘を受けました。
これってデザインと全く同じです。一つの商品に至るまでの抑えるべきポイントがあります。スタイリング、機能、カラーリング、環境配慮、などなど、それらを俯瞰してみたときバランスよく整っているのかです。そうです、きちんと傘がぴんと張った状態になっているのかです。確かに、まんべんなく配慮された商品は市場でも評価されます。
ただ実際で商品開発に関わっていると、バランスの取れた六角形八角形になっているかと言えば、必ずしもそうではないです。極端にマーケティングにかたよったり、ギミックにこだわりすぎだったりで、案外いびつな形状の傘になってしまうことがあります。じゃあ、いびつな商品がダメかというと、むしろ、いびつな商品の方がヒット商品になる事もあります。バランスが取れた優等生的な商品より、チョット変だけど愛らしいほうが現代的な商品魅力につながるようです。作曲理論を教えている講師の方も、きっと基本を学生に伝えているのだと思います
ゼノデザインも基本は基本で押さえておきながら、「いびつ」な魅力もきちんとデザインできるように準備しなくてはいけませんね。

失敗する勇気(デザインの手法で考えよう)

最近、企業内で意欲的な開発や発想ができなくなった、といったご相談をたびたび受けます。これは、効率や品質を高めるための考え方が率先して導入されたことによります。日本人はこのような努力がとても得意なので瞬く間に効率を優先するものづくりが日本中に広がりました。そのため、どうなったというと失敗を否定するような雰囲気がジワリと広がってきました。失敗するより何もしないほうが評価されるのであれば誰も新しいことは考えません。その点、デザイナーは新しいことを生み出すことが宿命の職業です。言わば失敗は当たり前、その先に大発見があることを経験的に知っています。デザイナーは色や形を考えるだけでなく、違った視点で開発や広報などのアドバイスもできます。そうなんですゼノデザインはお客様が勇気をもって失敗するアドバイスもしています。

プロダクトデザイン

ゼノデザインの仕事の中で最も多くの割合を占めているのが家電製品などを代表とするプロダクトデザインです。一般的に工業デザイン/インダストリアルデザインなどともいわれているジャンルでゼノデザインではベビー用品から各種産業機器まで幅広い製品のデザインを手がけています。

ブースデザイン

ゼノデザインの強みは製品のデザインだけにとどまらず製品のロゴやパンフレット、パッケージ、そして展示会のブースデザインまでも手掛けることです。展示会を一つのお祭りと考え常に来場者目線でブースをデザインすることで他社とは一味違ったブースデザインを御提案します。

一般的に、展示装飾業者は大変手際よく、効率的にブースを制作します。ところが、私たちは工業デザイナー的もの作りの視点で、ブースデザインをするため、時に大工さんにご苦労をかけてしまうことがあります。これは、私たちが効率よりもクリエーティブを優先するからです。同じ手法を繰り返すほうが工期やコストの点で安心ですが、楽しくありません。この「楽しく」はデザイナーだけでなく、お客様に共感していただくことが大切です。完成された楽しいブースに湧き出す感情は必ず周囲、来客者に伝わります。楽しい・わくわくする感情は不思議と来場者に伝わって、ブースの印象につながります。結果、それがお客様の展示会開催の成功に結び付くのです。

 

ゼノデザインブログ

第46回東京モーターショー2019

koishiです。いよいよ来週から開催の 第46回東京モーターショー2019 。今回も日立オートモティブシステムズ様のブース設営のお手伝いをしています。皆様ぜひお立ち寄りください。 https://www.tokyo-motorshow.com/ 今年は来年に控えたオリンピックの関係で東ホールが使えません。なのでいつもの西ホールと今年オープンした南ホールそして少し離れた青海展示場一帯での開催となります。

廃業を目指すデザイン

イベントウオッチャー山中です。 銀座MUJIで開催されている「廃業を目指すデザイン」を見てきました。 この廃業の意味はいろいろ調べるとこう言う意味のようです。 オランダ・アムステルダムを拠点とする世界初のプラスティック・フィッシング会社「プラスチック・ホエール」が 最終的に世界のプラスチックゴミをリサイクルして、新しい価値として定着させ、結果この会社を「廃業」させるのだそうです。だから廃業を目指すデザインなのです。 この動画にアムステルダムの運河で運営されているごみ回収ツアーの様子が見られます。 デザインを長くしていると、廃棄物ついて問われるとは、後ろめたい気持ちでいっぱいになります。 ヴィクター・パパネックが40年も前の著書「生き延びるためのデザイン」のなかでインダストリアルデザインのもつ罪悪についての指摘しています。ごみをデザインしているのではないかと指摘されれば、絶対違いますとは言い切れるデザイナーはいないでしょう。 廃棄物のリサイクルが重要だというのは簡単です。しかし「プラスティック・ホエール」社のような取り組みを実践するのはどれだけ大変だったでしょう。成功のポイントはプラスティック・フィッシングという観光にという形態にしたからでしょう。楽しくないと絶対社会とつながらないからです。つながれば、新しい価値として認知され、継続されるからです。 デザイナーとしてとても考えさせる展示会でした。

港区立郷土歴史館「ゆかしの杜」

街歩き大好き山中です。今年、旧公衆衛生院を港区が修復し郷土歴史館として生まれ変わりました。 新聞で紹介されていたので、街歩きストとしては見逃せません。白金台は南北線でオフィスの飯田橋から意外に近い、ということで撮影してきましたのでご報告します。 パンフレットによると、昭和13に年国の機関「公衆衛生院」のために建設された建物だったようです。 設計者は東京大学の安田講堂を設計した内田祥三です。そう言えばなんとなく安田講堂に似ていますね。2009年に港区が建物と敷地を取得、複合施設として改修し、耐震補強、バリアフリー化などの工事が完了し昨年オープンしました。 ファサードを斜め左から。ここから入館します。特別展以外は入場無料で見学できます。 1階ホールを2階から見下ろすとこう見えます。 旧講堂。当時は学生寮もあり授業も行われていたようです。天井以外は当時のままだそうです。 最近の歴史的建造物の保存修復はホントによくできています。古民家を修復して住居や、店舗に改装する手法は完全に定着しました。そのための古材市場まで活況を呈しているようです。もちろん、新しいものの美しさもあります。しかし、長い間愛されていた空間を現代の技術で修復し、この先も使い続けるほうがカッコイイのではないでしょうか。 新しいプロダクトばかりをデザインしてきたものとしては、考えさせられる街歩きでした。

会社概要

商号:有限会社ゼノデザイン
設立:1993年4月
代表:山中 道男
住所:〒112-0004 東京都文京区後楽2-2-20 井上旭門ビル2F

TEL: 03-5805-0981
FAX: 03-5805-0982
mail: info@xenodesign.co.jp

 

業務内容
・インダストリアルデザイン
・インターフェイスデザイン
・カラーリング・グラフィックスデザイン
・パッケージデザイン
・デザインコンサルティング
・展示会ブースデザイン・施工
・デザインモデル製作
・建築/インテリアパース、各種CG製作