ゼノデザインについて

思えば25年、長くもあり短くもあり

2018年1月でゼノデザインは25年目を迎えました。ゼノデザインの20周年をお知らせしたばかりだと思っていたのに、あっという間に25年目のご報告です。私たちを応援していただいた皆様にはホントに感謝、感謝です。今回は、オフィスももロゴデザインもそのままです。そして、26年目も同じようにデザインを続けると思います。自分でも不思議に思っていますが、いまだにデザインをするときのワクワクは変わりません。キャリアを重ね、引き出しも増え、自由に考えられようになったからでしょうか。表現者(デザイナー)に「飽きる」は禁句です。飽きないということは、ある種の才能かもしれません。飽きずに、デザインという井戸を掘り続けることが大切です。成果を目指し掘るのではなく、飽きずに、ただ掘り続けたいと思います。今後ともゼノデザインの井戸掘りを応援してください。ぜひ!
代表 山中道男

時代が新しいデザインサービスを必要としています。

長く、ゼノデザインはプロダクトデザインを中心に幅広くデザインを提供していました。今でも、製品のデザインが中心ですが、急速にGUI(グラフィックユーザーインタフェース)の業務が増えています。暮らし方が変化する中、デザイナーの役割も変わってきています。展示会デザインを通じ、映像制作だけでなく、VRコンテンツの制作にも関わるようになりました。ゼノデザインは時代の変化に合わせ、柔軟なデザインサービスを提供します。

作曲理論とデザインと、

以前、芸大で作曲理論を教えている講師の方とお話しする機会がありました。授業ではどのようなことを教えているんですか、とお聞きしたら。「傘って、布の端を何か所か固定してあるでしょ、作曲も傘と一緒なの。必要なポイントきちんと押さえておけば、傘を差した時と同じようにぴんと張って綺麗に見える作品になるの。だから私はこことここを押さえておけば間違いないという、作曲のこつを教えているの。」と言われました。
素人の私に分かりやすく説明してくれたのでしょうが、その抽象力に感銘を受けました。
これってデザインと全く同じです。一つの商品に至るまでの抑えるべきポイントがあります。スタイリング、機能、カラーリング、環境配慮、などなど、それらを俯瞰してみたときバランスよく整っているのかです。そうです、きちんと傘がぴんと張った状態になっているのかです。確かに、まんべんなく配慮された商品は市場でも評価されます。
ただ実際で商品開発に関わっていると、バランスの取れた六角形八角形になっているかと言えば、必ずしもそうではないです。極端にマーケティングにかたよったり、ギミックにこだわりすぎだったりで、案外いびつな形状の傘になってしまうことがあります。じゃあ、いびつな商品がダメかというと、むしろ、いびつな商品の方がヒット商品になる事もあります。バランスが取れた優等生的な商品より、チョット変だけど愛らしいほうが現代的な商品魅力につながるようです。作曲理論を教えている講師の方も、きっと基本を学生に伝えているのだと思います
ゼノデザインも基本は基本で押さえておきながら、「いびつ」な魅力もきちんとデザインできるように準備しなくてはいけませんね。

失敗する勇気(デザインの手法で考えよう)

最近、企業内で意欲的な開発や発想ができなくなった、といったご相談をたびたび受けます。これは、効率や品質を高めるための考え方が率先して導入されたことによります。日本人はこのような努力がとても得意なので瞬く間に効率を優先するものづくりが日本中に広がりました。そのため、どうなったというと失敗を否定するような雰囲気がジワリと広がってきました。失敗するより何もしないほうが評価されるのであれば誰も新しいことは考えません。その点、デザイナーは新しいことを生み出すことが宿命の職業です。言わば失敗は当たり前、その先に大発見があることを経験的に知っています。デザイナーは色や形を考えるだけでなく、違った視点で開発や広報などのアドバイスもできます。そうなんですゼノデザインはお客様が勇気をもって失敗するアドバイスもしています。

プロダクトデザイン

ゼノデザインの仕事の中で最も多くの割合を占めているのが家電製品などを代表とするプロダクトデザインです。一般的に工業デザイン/インダストリアルデザインなどともいわれているジャンルでゼノデザインではベビー用品から各種産業機器まで幅広い製品のデザインを手がけています。

ブースデザイン

ゼノデザインの強みは製品のデザインだけにとどまらず製品のロゴやパンフレット、パッケージ、そして展示会のブースデザインまでも手掛けることです。展示会を一つのお祭りと考え常に来場者目線でブースをデザインすることで他社とは一味違ったブースデザインを御提案します。

一般的に、展示装飾業者は大変手際よく、効率的にブースを制作します。ところが、私たちは工業デザイナー的もの作りの視点で、ブースデザインをするため、時に大工さんにご苦労をかけてしまうことがあります。これは、私たちが効率よりもクリエーティブを優先するからです。同じ手法を繰り返すほうが工期やコストの点で安心ですが、楽しくありません。この「楽しく」はデザイナーだけでなく、お客様に共感していただくことが大切です。完成された楽しいブースに湧き出す感情は必ず周囲、来客者に伝わります。楽しい・わくわくする感情は不思議と来場者に伝わって、ブースの印象につながります。結果、それがお客様の展示会開催の成功に結び付くのです。

 

ゼノデザインブログ

Lotus/Hope HB.T

koishiです。東京オリンピックの自転車トラック競技に向けてイギリスナショナルチームが本気を出してきました。あの25年前のロータスとのコラボが復活です。 近年は UCIの規定によりパイプ形状のダイヤモンド型フレームに限定されているため昔のような奇抜な形状のフレームは禁止されてます。しかしイギリスはそのレギュレーションギリギリまで攻めたアグレッシブなフレームをロータスとともに開発してきました。 なんといっても特徴的なのは羽のように膨らんだフロントフォークとシートステー。通常は強度と剛性、軽量化を重視してフレームとホイールとのクリアランスを極力無くしたコンパクトで無駄のない形状がセオリーですがこのフレームは全く逆。フレームとホイールの間隔を最大限開けることで乱流の干渉をなくすといった空力的な理想を追求した結果のようです。 新たなトレンドとなるかこのまま消えていくかは来年の東京で明らかになるでしょう。このような機材の進化は見ている側にとってはエキサイティングですが新たな論争を巻き起こすので主催者側には煙たがられるのが事実です。記憶に新しいところでは今話題のナイキの厚底マラソンシューズや水泳のレーザーレーサーなどでしょうか。日本のナショナルチームもこれくらい攻めてほしいものです。

Audemars Piguet(オーデマ ピゲ)「時計以上の何か」

イベントウオッチャー山中です。ミッドタウンで開催されたGOOD DESIGN展を見た後、芝生広場で開催されているオーデマ・ピゲ「時計以上のなにか」見てきました。さすがピゲらしくお金の掛かった展示会でした。オーデマ・ピゲがとても素晴らしい時計を製造していることは知っていても、全く購入予定はありません。 いや、予定にないなど見栄を張ってはいけません。元々、買える金額設定ではないです。しかし、ヨーロッパの高級ブランドは、社会貢献の一環でデザインやアートのスポンサーのなっています。このサポート多くのアーティストが活躍しています。今回の会場に巨大LEDモニタに投影されていたインスタレーションも、オーデマ ピゲがサポートするアーティストの1人、池田亮司のデジタルアートです。「data-verse /データ・バース」と名付けられた3部作の第2作で、目に見えない素粒子の世界から宇宙、人間社会までを広大なデータで表現です。 このようなサポートは、ノブレス・オブリージュと説明されます。直訳すると「高貴さは強制する」を意味し、一般的に財産、権力、社会的地位の保持には義務が伴いますよ、ということらしいです。まあ、貧乏な日本人にとってお金持ちの道楽よねと、ひがみたくもなりますけどね。 この「時計以上の何か」の会場は、幅30m×奥行40m、天井高も10mと贅沢な空間設計になっていました。中央に配置された、円盤状のパビリオンは時計の文字盤をモチーフにしています。12のブースがそれぞれのテーマを展示しています。しかし、この素晴らしい施設も会期終了後解体してしまいました。さすがねAudemars Piguet!

bimota Tesi H2

koishiです。東京モーターショーが終わったばかりですがなんとミラノモーターサイクルショーでkawasakiがあのビモータに協力し新型の テージH2(コンセプト)を発表。https://www.autoby.jp/_ct/17316565 あまりにも革新的すぎたため浮き沈みの激しいメーカーでしたがkawasakiとの共演で安定した経営が実現しそうです。まだコンセプトですがH2のエンジンやパーツが見事にレイアウトされているので市販化は間違いないでしょう。もうかなり前のことですがあの db1やTESI 1dの強烈なインパクトは今でも色褪せない未来感があります。やはりイタリアの個性は突き抜けてますね。東京モーターショーで見れたらよかったのですが今のマーケットはヨーロッパ中心なのでいくらkawasakiといえども致し方ないでしょう。ビモータといえばハブセンターステアリングつながりでmoto elfを思い出します。ホンダの技術開発に大きな影響を与えたマシンですがこちらもぜひどなたか復活させてほしいですね。 このミラノのショーではホンダも新機軸のコンセプトモデル https://www.autoby.jp/_ct/17316331 を発表したりとバイクに関しては東京モーターショーより各社力が入いっている模様です。

会社概要

商号:有限会社ゼノデザイン
設立:1993年4月
代表:山中 道男
住所:〒112-0004 東京都文京区後楽2-2-20 井上旭門ビル2F

TEL: 03-5805-0981
FAX: 03-5805-0982
mail: info@xenodesign.co.jp

 

業務内容
・インダストリアルデザイン
・インターフェイスデザイン
・カラーリング・グラフィックスデザイン
・パッケージデザイン
・デザインコンサルティング
・展示会ブースデザイン・施工
・デザインモデル製作
・建築/インテリアパース、各種CG製作