ゼノデザインについて

2020のデザインメッセージ・ビジネスはアートを目指す

昨年、経済産業省から、デザイン経営宣言という提言が報告書という形で発表されました。

https://www.meti.go.jp/press/2018/05/20180523002/20180523002.html

ご存知でしたでしょうか?これには少し驚かされました。その冒頭に、【経済産業省・特許庁は、デザインによる我が国企業の競争力強化に向けた課題の整理とその対応策の検討を行い、『「デザイン経営」宣言』として報告書を取りまとめた】とありました。永くデザインに携わっていますが、ここまで強いメッセージで、デザイン経営を取り入れなければ国際舞台で負けますよという提言は初めてです。詳細については読んでいただくとして、重要なのは、デザインの技術ではなく、デザイン経営だという点にあります。従来ではデザイナーを使って製品開発を進めようでしたが、このデザイン経営宣言では企業の経営にデザインが不可欠だと踏み込んでいます。少しばかり驚きましたが、やっと日本もここまで来たのかという感慨も大きいです。

しかし、世界はさらに進んでいます。山口周氏の著書「世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか?」にこう紹介されています。「英国のファイナンシャルタイムズが、いわゆる伝統的なビジネススクールに出願数が減少傾向にある一方で、アートスクールや美術系大学によるエグゼクティブトレーニングに多くのグローバル企業が幹部を送り込んでいる、と報じている。」この現象は、MBAで学ぶような分析的なスキルより、複雑で不安定な世界では美術系大学で学ぶような創造的なスキルのほうに関心が高まっていることによります。経営を数値で計測することには限界がでています。その数値では表せない価値をスケッチや言語化して見えるようにするのはデザインの得意とするところだからです。

ゼノデザインは、この複雑で不安定なこの世界で、デザインができることを探しつ続けたいと考えています。

代表 山中 道男

プロダクトデザイン

ゼノデザインの仕事の中で最も多くの割合を占めているのが家電製品などを代表とするプロダクトデザインです。一般的に工業デザイン/インダストリアルデザインなどともいわれているジャンルでゼノデザインではベビー用品から各種産業機器まで幅広い製品のデザインを手がけています。

ブースデザイン

ゼノデザインの強みは製品のデザインだけにとどまらず製品のロゴやパンフレット、パッケージ、そして展示会のブースデザインまでも手掛けることです。展示会を一つのお祭りと考え常に来場者目線でブースをデザインすることで他社とは一味違ったブースデザインを御提案します。

一般的に、展示装飾業者は大変手際よく、効率的にブースを制作します。ところが、私たちは工業デザイナー的もの作りの視点で、ブースデザインをするため、時に大工さんにご苦労をかけてしまうことがあります。これは、私たちが効率よりもクリエーティブを優先するからです。同じ手法を繰り返すほうが工期やコストの点で安心ですが、楽しくありません。この「楽しく」はデザイナーだけでなく、お客様に共感していただくことが大切です。完成された楽しいブースに湧き出す感情は必ず周囲、来客者に伝わります。楽しい・わくわくする感情は不思議と来場者に伝わって、ブースの印象につながります。結果、それがお客様の展示会開催の成功に結び付くのです。

 

ゼノデザインブログ

koishiです。飯田橋に急な豪雨のあと大きな虹が出現しました。 両端まで見えるかなり大きくきれいな虹でした。

ノンアルコールドリンクしか出さないバー「0%」、六本木にオープン

全くアルコールがダメな、下戸山中です。 お酒が飲めない者にとって酒の席は試練の場です。特にバーに至ってはなおさら敷居が高く近寄りがたい存在です。つまり、酒類を提供して経営が成り立っている店に申し訳なくてソフトドリンクは頼めませんよ。しかし飲めない私でも、バーの世界観には物凄く憧れはあります。そんな飲めない私のためのバーができたようです。その名も「0%」。社会環境的にもノンアルコール飲料のニーズが高まっていることから、このような新業態の誕生につながっているのでしょうか。お店のサイトを覗いてみましょう。 https://www.0pct.tokyo/ メニューに上がっているカクテルは、The World’s 50 Best Barsにがランクインした「SG Group」の後閑信吾氏のレシピだそうです。ノンアルコールカクテルと言っても、結局はバーテンダーレシピなんですね。現在は完全予約制で運営しているそうです。(なお、画像は0%のHPから転載しています)

8/1にオープンしたばかりの有楽町「b8ta」(ベータ)に行ってきました

新入社員のsugitaです。8/1オープンしたシリコンバレー発「b8ta」に早速行ってきました。https://b8ta.jp/ HPトップページに「新しい体験と発見をあなたに届ける場所b8ta」とあるように、売ることよりも体験してもらうことをコンセプトにしている店頭体験型の小売店です。2015年にサンフランシスコにオープンし、米国に23店舗、ドバイに1店舗が展開されているそうです。 入口はコロナウイルス感染予防のためにドアが開けっ放しになっており、中に入るやいなやアルコール消毒を促されました。また定期的に展示品のアルコール消毒を行っていて、感染対策にかなり力を入れている印象でした。 入口を通り抜けると、今話題のロボット「LOVOT」がお出迎えです。あのpepperの開発に携わった林要さんが代表を務める「GROOVE X」社が開発したロボットで、「役に立たない、でも愛着がある” 新しい家庭用ロボット」がコンセプト。初めて実物を見ましたが、 写真で見るよりも何倍も愛くるしいロボットでした。カメラを向けるのが申し訳ない気持ちになるくらい、何か言いたげな表情でこちらを見つめてきます。ロボットなのに尊い… ▲目は生命感を出すために6枚のレイヤーが重ねられているそうです。 店内の展示什器には木材を使用し、居心地の良い空間になっています。 こちらはNeoLAB社のスマートペン。専用のノートに書くと、リアルタイムでデバイスに出力されます。目に見えない微細なコードが専用ノートに印刷されており、それをペン先のカメラが認識しデータとして変換される仕組みです。ノートに字を書くとリアルタイムでデバイスに出力されるので、実際に書いてみると不思議な感覚になります。これどうなってるの?とつい言ってしまうようなペンでした。 こちらはミツフジの100回洗えるマスク。繰り返し洗濯、使用が可能な医療用繊維を用いた高機能衛生マスクです。従来品の2層から1層にして夏仕様へ改良されたとのこと。今後毎日着用することを考えると、使い捨てマスクよりも経済的な気がしますね。 こちらはなんとSUNSTAR(サンスター)の空気清浄機!SUNSTARといえば僕の中で歯磨き粉 のイメージしかなかったので、これはかなり衝撃的でした。造形的にもかなり凝ったデザインになっています。裏面は時計のように壁に掛けるための穴が設けられています。ちなみに発売は未定で、モックの状態での展示になっていました。 こちらはoneAが出しているウェアラブルデバイス。首に装着することでいびき・呼吸レスを検知し、振動で通常呼吸へ回復させるデバイスです。これがあれば自分のいびきによる睡眠の質の低下、パートナーによるいびきのストレスから解放することができるとのこと。いびきなどは他人に迷惑をかけることが多いので、自分やパートナーのいびき・呼吸レスが気になっている方は検討してみてはいかがでしょうか。 最後にお店のDMを頂きました。裏面はシールになっていて、来店記念という意味でうれしい工夫がなされています。どこに貼ろうか考えるだけでも楽しいです。b8taは販売を目的としていないようです。あくまで商品の出会い、エクスペリメントを提供する場所。月額30万円で商品の展示ができると聞けば、マーケティングのために出展したい企業は多いのではないでしょうか?

会社概要

商号:有限会社ゼノデザイン
設立:1993年4月
代表:山中 道男
住所:〒112-0004 東京都文京区後楽2-2-20 井上旭門ビル2F

TEL: 03-5805-0981
FAX: 03-5805-0982
mail: info@xenodesign.co.jp

 

業務内容
・インダストリアルデザイン
・インターフェイスデザイン
・カラーリング・グラフィックスデザイン
・パッケージデザイン
・デザインコンサルティング
・展示会ブースデザイン・施工
・デザインモデル製作
・建築/インテリアパース、各種CG製作