ゼノデザインについて

2020のデザインメッセージ・ビジネスはアートを目指す

昨年、経済産業省から、デザイン経営宣言という提言が報告書という形で発表されました。

https://www.meti.go.jp/press/2018/05/20180523002/20180523002.html

ご存知でしたでしょうか?これには少し驚かされました。その冒頭に、【経済産業省・特許庁は、デザインによる我が国企業の競争力強化に向けた課題の整理とその対応策の検討を行い、『「デザイン経営」宣言』として報告書を取りまとめた】とありました。永くデザインに携わっていますが、ここまで強いメッセージで、デザイン経営を取り入れなければ国際舞台で負けますよという提言は初めてです。詳細については読んでいただくとして、重要なのは、デザインの技術ではなく、デザイン経営だという点にあります。従来ではデザイナーを使って製品開発を進めようでしたが、このデザイン経営宣言では企業の経営にデザインが不可欠だと踏み込んでいます。少しばかり驚きましたが、やっと日本もここまで来たのかという感慨も大きいです。

しかし、世界はさらに進んでいます。山口周氏の著書「世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか?」にこう紹介されています。「英国のファイナンシャルタイムズが、いわゆる伝統的なビジネススクールに出願数が減少傾向にある一方で、アートスクールや美術系大学によるエグゼクティブトレーニングに多くのグローバル企業が幹部を送り込んでいる、と報じている。」この現象は、MBAで学ぶような分析的なスキルより、複雑で不安定な世界では美術系大学で学ぶような創造的なスキルのほうに関心が高まっていることによります。経営を数値で計測することには限界がでています。その数値では表せない価値をスケッチや言語化して見えるようにするのはデザインの得意とするところだからです。

ゼノデザインは、この複雑で不安定なこの世界で、デザインができることを探しつ続けたいと考えています。

代表 山中 道男

プロダクトデザイン

ゼノデザインの仕事の中で最も多くの割合を占めているのが家電製品などを代表とするプロダクトデザインです。一般的に工業デザイン/インダストリアルデザインなどともいわれているジャンルでゼノデザインではベビー用品から各種産業機器まで幅広い製品のデザインを手がけています。

ブースデザイン

ゼノデザインの強みは製品のデザインだけにとどまらず製品のロゴやパンフレット、パッケージ、そして展示会のブースデザインまでも手掛けることです。展示会を一つのお祭りと考え常に来場者目線でブースをデザインすることで他社とは一味違ったブースデザインを御提案します。

一般的に、展示装飾業者は大変手際よく、効率的にブースを制作します。ところが、私たちは工業デザイナー的もの作りの視点で、ブースデザインをするため、時に大工さんにご苦労をかけてしまうことがあります。これは、私たちが効率よりもクリエーティブを優先するからです。同じ手法を繰り返すほうが工期やコストの点で安心ですが、楽しくありません。この「楽しく」はデザイナーだけでなく、お客様に共感していただくことが大切です。完成された楽しいブースに湧き出す感情は必ず周囲、来客者に伝わります。楽しい・わくわくする感情は不思議と来場者に伝わって、ブースの印象につながります。結果、それがお客様の展示会開催の成功に結び付くのです。

 

ゼノデザインブログ

富岳→ARM→Apple

koishiです。先日、富岳がスパコン世界一を達成しました。久々の日本のモノづくりでの快挙です。気になる筐体のデザインですが通常スパコンというとゲーミングなんとか…のようなハイテク感満載のデザインですが今回はそれとは真逆の日本画のようなグラフィックで装置全体使って富士山のイメージを浮かび上がらせるという一風変わった手法で攻めてきました。今までとは全く違う方向性を目指した開発者の熱意や意思が日本のイメージと合わせて非常にうまく表現されてます。そして世間では再び「2位じゃダメなんですか?」がクローズアップされてますが本当に注目すべきはこのプロジェクトのプロセスです。この手の案件は2位じゃダメなんですか?のように様々な横やりが入りグダグダになるのですが近年の日本のプロジェクトにしては珍しいくらい(!?)ブレずにコンセプトを貫き見事結果につながっています。↓https://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/gyokai/1261786.html ポイントは1位を目指したわけではなく汎用性を目指したことそしてCPUにARMを採用したことでしょうか。そして偶然にもARMを採用するという判断が間違いではなかったことを証明するかのように先週AppleがintelからARMへの移行を例のWWDCで発表しました。↓ ARMというと今ではスマホやタブレットに広く使われているCPUですが消費電力に優れている反面非力なイメージがありました。がしかしそれも今では昔話のようで最新のAppleのAシリーズはシングルスレッドで見ればすでにintelのCPUに引けを取らない性能を引き出しているようです。今年Appleが大きく舵を切ったことでまた業界の動向が大きく変わりそうでintelにとっては非常に厳しい未来ですね。そしてあまり取り上げられてませんがARMで思い出すのが4年前にソフトバンクがARM社を買収していたこと。最近はWeWorkなどでBadNewsばかりですがARM買収を決断した孫さんはやはりこの業界に関して先見の明と力があるなと再評価されてもいいんじゃないでしょうか….

エースホテル京都、烏丸御池で6/11開業

ホテルウオッチャー山中です。シアトル発生の「エースホテル」が京都、烏丸御池に開業しました。 https://www.acehotel.com/kyoto/ エースホテルは1999年にアメリカ、シアトルで創業しました。いわゆる、高級ホテルではなく、アートや 音楽を発信する場所としてスタートし、多くの支持を得ていたようです。すでにポートランドやニューヨーク、シカゴなど9つのホテルを世界に展開しています。 https://www.acehotel.com/ エースホテル京都は隈研吾氏が建築デザインを担当しています。この場所は、旧京都中央電話局で、それを利用した新風館再開発計画とホテル計画が連動して進められました。外観はレンガ作りの旧電話局を活かし、美しくまとまっているようです。内装デザインはアメリカのデザイナーが担当しています。隈研吾のミニマルではなく、かなりデコラティブなデザインです。やや空間に対して詰め込み過ぎかな?でも実際の空間を見てみないとこればかりは判断がつきません。早く実物を見てみたいものです。

Public Media Art

山中です。大変面白い屋外デジタル広告を見つけました。ソウルの市内で見られるようです。錯視だと思っていても見入ってしまいます。韓国のデザインチームd’strictの作品です。 イベントで使えないかなあと思ってます。もっとも今年のイベントはすべて無くなりましたが………

会社概要

商号:有限会社ゼノデザイン
設立:1993年4月
代表:山中 道男
住所:〒112-0004 東京都文京区後楽2-2-20 井上旭門ビル2F

TEL: 03-5805-0981
FAX: 03-5805-0982
mail: info@xenodesign.co.jp

 

業務内容
・インダストリアルデザイン
・インターフェイスデザイン
・カラーリング・グラフィックスデザイン
・パッケージデザイン
・デザインコンサルティング
・展示会ブースデザイン・施工
・デザインモデル製作
・建築/インテリアパース、各種CG製作