バーチャル展示会

koishiです。コロナの影響で世界中の展示会は軒並み中止になりさらに日本はオリンピック延期で来年も会場が使えないため1年後のスケジュールさえも不透な状態です。展示会関連の業者には度重なる厳しい状況が続いていますね。そんな中、代替策として各社がバーチャル展示会やWEB発表に切り替える動きが活発化しています。

直前で中止になったジュネーブモーターショーの代わりにフォルクスワーゲンは期間限定でバーチャルブースを公式発表しました。(現在は公開期間終了してます)

↓メルセデスプレス発表

↓マクラーレンのWEB発表

ジュネーブモーターショーのプレス発表はWEBに切り替えられたため今でもネット上で見ることができます。↓

https://www.gimsvirtualpressday.ch/

日本では中止になったモーターサイクルショーの代替としてホンダもWEB上でブースを再現しています↓

https://www.honda.co.jp/motorcycleshow/

9月とまだ少し先の展示会ですが例年盛り上がりを見せる東京ゲームショーもオンライン開催に切り替えるようです↓

https://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2020/

バーチャルブースをWEB上で表現する手法は以前からありましたがこれで今後この勢いに拍車がかかるかもしれません。まだほとんどが現実のブースを簡易な3Dイメージに置き換えただけなので随所に違和感が感じられますが今後高速回線の5Gが普及してVRやタブレット、スマホの性能が上がればもっとリアルなそしてバーチャルでしかできないような今までにないブースデザインや表現が可能になるはずです。

テック業界ではあのAppleが6月恒例のWWDCをオンライン開催に切り替えてます↓

https://www.apple.com/jp/newsroom/2020/03/apples-wwdc-2020-kicks-off-in-june-with-an-all-new-online-format/

毎年、CEOが壇上に立って業界関係者の前でプレゼンしてましたが今年はどんな方式になるのでしょうか。そして新OSの発表以外にも例の「one more thing」が出るか気になります。