WALKMAN IN THE PARK

koishiです。Ginza Sony Park で7月1日から開催中のWALKMAN IN THE PARKに早速行ってきました。ウォークマン/ディスクマン/MD/メモリープレイヤーとすべて経験している世代には説明不要で感慨深いイベントです。https://www.ginzasonypark.jp/program/015/


ウォークマン40周年というだけあってソニーパーク全フロアを使ったかなり力の入った展示で著名人のストーリーとともに空間をぜいたくに使用してます。

各階に実際に触れる視聴機がいくつもありしかも時代を感じさせないほどコンディションがよく新品同様。本物のメカニカルなスイッチの感触を久しぶりに味わいました。

おなじみ2つのイヤホンジャックも全く問題なく快適なサウンドを発してます。
傷ひとつなくアルマイトの発色がきれいな視聴機
再販してくれないかな?!

↑ウォークマンだけでなく歴代ディスクマンやMDも展示されてます。
これはまだディスクマンの名前がつく前のモデルですが今見ても端正なデザインです。ディテールの処理が細かく手がかかっていて当時の作り手の熱意が伝わってきます。

誰もが聞いているときにディスクを押さえたらどうなるのか?と思ったはず

↑このディスクマンは鮮明に覚えています。 普通サイズのCDははみ出ます。というアイデアと潔さが衝撃的でした。

最近の方はご存じないかと思いますがこれはMacが登場する以前のプロダクトです。

↑明らかに初代iMacに大きな影響を与えたであろうビーンズ。コンセプトと樹脂の使い方が斬新でした。


40周年記念グッズのオリジナルTシャツも販売中ですでに人気のデザインは売り切れ。 9月1日まで開催なので順次新デザインが投入されるとのこと。

スタンプラリーをコンプリートするとカセットテープ型の特性ブックレットがもらえます。 年代別のカタログのようなものですがちょっとしたしかけがある代物で気が利いてます。40周年でこれだけやるとなれば50周年はどうなるでしょうかね。期待して待ちましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *