新国立競技場

koishiです。お盆休みということもあり所用で明治神宮外苑を訪れました。以前話題になった新国立競技場が急ピッチで建設中で8月現在もう外観はほとんど完成しています。隈研吾氏デザインの木材を多用した和のイメージと未来感が見事に調和した建築で各階の植物もこれからさらに育ち緑豊かな日本らしい佇まいになりそうです。


そして例のザハハディッド氏の案はこの現場でもすでに遠い昔のような印象でした。ザハ案の良し悪しは皆さんにおまかせするとしておとなり韓国や中国ではすでにザハ建築が完成され日常的に運用されている現実は見逃せません。建築も国力を示すプロパガンダの一つであることはいまだ変わらぬ現実なわけで自分たちの足元のコストや責任追及ばかりが声高に叫ばれましたがクリエイティブや産業の発展という視点で見た場合、果たしてこれが正しい選択だったかどうか・・・ 今の日本の社会や企業の構図を如実に現してますね。

外苑は国立競技場だけでなくオリンピックに間に合わせるべく周辺も急ピッチで開発されてます。競技場向かいのおなじみアイススケートリンクがいち早くリニューアルオープンしてます。

外観とエントランスはすべて氷をイメージした直球なコンセプトが潔く表現されてます。外壁のガラステクスチャは通常ならコスト重視でフィルム貼りでごまかすところですがここは廃ガラスを利用した独自の雪花硝子を全面に使用。https://www.abc-t.co.jp/apps/style/detail?style_id=1331 非常に質感が高く夜はさらに照明でライトアップされます。階段のタイルも氷をイメージした繊細な配色。エントランス天井も氷の粒のような模様が仕込んでありこれも夜は点灯する凝りよう。全体の雰囲気がエルサが魔法で創り上げたかのような印象でスケートの華やかな雰囲気を盛り上げてます。

  

さらにその隣には今秋開業予定の三井ガーデンホテルが完成真近。木の板を格子状に組み合わせたような外観がかなり特徴的で一見すると直線的ですがよく見ると緩やかな曲線を描いているのが分かります。目の前の国立競技場の木材のイメージと調和しているのは偶然ではないはずです。
https://www.gardenhotels.co.jp/jingugaientokyo-premier-lp/

プレミアクラスにふさわしい各種テナントも入るようで体験型のエンターテイメントなどもオープン予定とのこと。https://did.dialogue.or.jp/
今までの枠にとらわれない面白いホテルが見れそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *