新宿高島屋クラシックカメラ博レポート

古いカメラ大好きヤマナカです。 好例になっているクラシックカメラ博を見てきました。お盆休み中ということもあり、やや静かな会場でした。とは言え、来場者はベテランのマニアばかりです。視線が怖いのなんの。いくつか気になったもの紹介します。

名古屋の大塚商会さんは状態のいいものばかり並べています。 特に、このバルナックライカA型、シリアルナンバーが955!ケースやキャップなどオリジナルがセットになって、250万円!会場内で一番高いかも。もっとも発売当初、このライカ1台で家が一軒買えたというくらいですから、もともと高価なカメラです。

もう一つは、スイスのカメラALPA。あまり知られていないのですが、実は銘品です。 一眼レフカメラの原型の一つだといわれています。 特にこのReflex9dとレンズMacroswitarは人気があると店主が説明してくれました。黒いちりめん塗装は、剥がれもなく状態は素晴らしい。35万の価格のほとんどがレンズの価格だと話してましたね。

こんな珍品も。日本軍が使っていた軍用カメラです。二式艦上偵察機、彩雲で使っていたと書いてあるのところがリアルですね。

私は掘り出し物のLEICAレンズを物色していましたが、予算に合うものがなく今回も手ぶらで退散しました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *