東京モーターショーレポート番外編

番外編好きの山中です。東京モーターショーは車関連のあらゆるメーカーが、新しい技術を展示しています。 車メーカーが展示する派手なコンセプトカーに目が移りがちです。どうしてどうして、部品メーカーも趣向を凝らした展示をしています。特に、毎回タイヤメーカーは面白い提案をしてきます。 GOODYEARのコンセプトタイヤを紹介してみます。

ひとつは、オキシジェン。タイヤのサイドウォールに苔を生息させ、路面から水分や水滴を吸収して光合成をおこない、空気中に酸素を放出させようというタイヤです。あまり無粋な突っ込みを入れてはいけません。タイヤという極端に限定された機能の中から、新しい価値を創造するのは不可能に近いです。その中で、酸素を発生させるタイヤにたどり着いたデザイナーに拍手です。

もう一つはAEROです。空飛ぶ自動車に浮力を与えるプロペラを内蔵したタイヤです。動画があります。

どうでしょう?これで浮力が得られるのかな。学生の卒業制作にあったような気もします。

そんな時私が担当教官だとしたら、アイディアはいいけど不可能だと言ってしまうかもしれませんね。GOODYEARが提案するのですから、まんざら不可能ではないのかも。モーターショーとは夢を与える場所です。だからこんな提案があってもいいのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *