40年前の椅子を修理

古い物を大切にする山中です。 40年前(!)実家のダイニングテーブル・チェアを買うことにしました。選定は私に任されました。そこで、迷わず銀座松屋にの家具売り場で、北欧製のダイニングチェアーを見つけました。座面は、Yチェアなどに見られるペーパーコードです。嬉しくてずっと使ってました。ただペーパーコードの劣化に無頓着でした。それでも、20年は使いました。そして、すべてペーパーコードが破損してしまいました。(涙)

その当時は、修理の手配の仕方もわからず、残念なことに1客を残し捨ててしまいました。

最近になって、安価にペーパーコードを修理してくれる業者さんを偶然見つけました。段ボール箱を探して、椅子を梱包して(この梱包が大変!)なんとかヤマト便で送りました。

そして、2週間くらいで綺麗に修理されて届きました。 どうです、素晴らしいでしょ。今度こそ大切に使います。大切に。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *