セブンカフェのUIデザインは失敗!?

セブンイレブン常連のkoishiです。
そのセブンですっかり定着した7カフェですが相変わらずテプラ貼られてます・・・・
しかもそのテプラの印字がかなりかすれてます。

これはお客さんがテプラの部分をボタンと勘違いして押している証拠です。補足するはずのテプラがさらに混乱させているという悪循環。産業機器や医療機器であれば明らかにUser Interfaceデザインの失敗事例です。ネット上でもデザインの敗北とか言われ放題・・・

がしかし実際はこの7カフェの場合事情が少し違います。これは明らかに狙ったUIデザインです。なぜならこの7カフェ、イメージ戦略がオペレーションや味と同じくらい重要視されるためでスタバのように多少わかりづらくても外国から来たプレミアムなイメージがマーケティング上必須だからです。
例えばこの操作パネルに安い自販機のような「あたたか~い」とか「つめた~い」とかとか表示されていたら缶コーヒーやインスタントコーヒーと同じ日常的なイメージになりプレミアム感がなくなるのは明白です。日常的にすればするほどここでわざわざ買う特別感がどんどんなくなってしまうというわけです。事実もう始まって5年以上たちますが全くUIを変更する気がないところがそれを証明しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *