空前絶後の「ウイルス対策グッズ」ブーム

はじめまして。新人社員の杉田です。この状況でしたので、まともに出社できるようになってきたのは5月からでした。早速ブログの執筆を任されたので、「ウイルス対策グッズ」について少し書かせて頂きたいとと思います。最近、暗いニュースが目立ちますが、こんな時だからこそデザインのお話はいかがでしょうか。新型コロナウイルスに関して今でこそ感染者数が少なくなってきましたが、引き続きソーシャルディスタンスの重要性が求められています。また最近ではソーシャルディスタンスという表現では社会的な分断をイメージさせてしまうため、フィジカルディスタンス(身体的距離)を推奨しているようですね。ウイルスというのは人と人との接触はもちろん、人がよく触れる物を介しても移りますよね。そこで、ドアノブや手すり、スイッチやタッチパネルなどの「物」とも距離を取らなければなりません。言い換えると「オブジェクトディスタンス」でしょうか?よく考えると、私たちは外出中に、今まで意識せずものを触れたり、つかんだりしていたのではないでしょうか。改めてこの状況になって、物に接触せずに生活することが難しいということが分かってきました。そこで、最近ブームになっているのが、「ウイルス対策グッズ」です。その中でも、「ドアオープナー」がかなり人気らしく、つい最近までいろんな通販サイトで売り切れ状態になっていました。ドアオープナーを紹介している記事がいくつかありましたのでリンクを載せて置きます。

↓抗菌作用のある真鍮製のドアオープナーです。

https://www.gizmodo.jp/2020/03/hygiene-hand.html

↓3Dプリンター製のドアオープナーで、カラーバリエーションが豊富です。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000219.000019615.html

↓こちらは猫をモチーフにしたデザインのドアオープナーです。かわいいですね。女性がターゲットユーザーでしょうか?

https://www.mdn.co.jp/di/newstopics/72102/

緊急事態宣言解除により第2波が心配されていますので、気になっている方は今のうちに購入してみてもいいかもしれません。そこで、ゼノデザインオリジナルのドアオープナーを3Dプリンターで作ってみました。今回は長くなってしまったので、次回制作過程なども含め紹介しますね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *