富岳→ARM→Apple

koishiです。先日、富岳がスパコン世界一を達成しました。久々の日本のモノづくりでの快挙です。気になる筐体のデザインですが通常スパコンというとゲーミングなんとか…のようなハイテク感満載のデザインですが今回はそれとは真逆の日本画のようなグラフィックで装置全体使って富士山のイメージを浮かび上がらせるという一風変わった手法で攻めてきました。今までとは全く違う方向性を目指した開発者の熱意や意思が日本のイメージと合わせて非常にうまく表現されてます。
そして世間では再び「2位じゃダメなんですか?」がクローズアップされてますが本当に注目すべきはこのプロジェクトのプロセスです。この手の案件は2位じゃダメなんですか?のように様々な横やりが入りグダグダになるのですが近年の日本のプロジェクトにしては珍しいくらい(!?)ブレずにコンセプトを貫き見事結果につながっています。↓
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/gyokai/1261786.html

ポイントは1位を目指したわけではなく汎用性を目指したことそしてCPUにARMを採用したことでしょうか。そして偶然にもARMを採用するという判断が間違いではなかったことを証明するかのように先週AppleがintelからARMへの移行を例のWWDCで発表しました。↓

ARMというと今ではスマホやタブレットに広く使われているCPUですが消費電力に優れている反面非力なイメージがありました。がしかしそれも今では昔話のようで最新のAppleのAシリーズはシングルスレッドで見ればすでにintelのCPUに引けを取らない性能を引き出しているようです。今年Appleが大きく舵を切ったことでまた業界の動向が大きく変わりそうでintelにとっては非常に厳しい未来ですね。
そしてあまり取り上げられてませんがARMで思い出すのが4年前にソフトバンクがARM社を買収していたこと。最近はWeWorkなどでBadNewsばかりですがARM買収を決断した孫さんはやはりこの業界に関して先見の明と力があるなと再評価されてもいいんじゃないでしょうか….

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *