グランスタ東京

koishiです。先ほどの東京ステーションギャラリーに続いて気になっていた東京駅グランスタを訪問。

東京駅内にあるショッピングゾーンのグランスタは以前からありましたがその拡張工事が完了し8月から新店舗が続々オープンしてます。

https://www.tokyoinfo.com/shop/mall/gransta/

その中で特に異彩を放つのがイデーです。

https://www.idee-online.com/shop/contents1/ideetokyo.aspx

深沢直人氏をキュレータとしたセレクトショップのような店舗で奥にはギャラリーも併設されています。今まで青山や表参道にしかなかったようなコンセプトショップが身近な東京駅にあるのはかなり新鮮です。単なるお土産のショッピングモールから脱却し東京発の独自性をアピールする決意が強く感じられます。

そしてもう一つ気になったのがそのすぐ近くにあるスイーツで有名なピエール・エルメ。

今回のこの店ではメインはスイーツではなく日本の食材を中心とした様々な食材が置かれています。そしてデザイナーとして一番目を引くのがそのロゴ….

看板からパッケージまで縦書きのカタカナで統一されてます。最近はグラフィカルなロゴが氾濫した反動でシンプルな書体のみのロゴが流行っていますがこれはその先を行く縦書きカタカナしかも年賀状のあて名のような2行表記です。昔のSF映画のブレードランナーなどによくこんな感じの日本語が出てくるのでひょっとすると外国のデザイナーによるものかもしれません。

それ以外にも行列のできる売り切れ必至の店やカレーパン専門店、独自の雑貨店など個性的で力の入った店が数多く展開されてます。東京駅がここまで攻めてくるとデパートや他のショッピングモールは今後さらに厳しい状況に追い込まれるのではないでしょうか….そんな心配が頭をよぎるほどの充実ぶりです。

One Reply to “グランスタ東京”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *