SpaceX Crew Dragon

koishiです。SpaceX社が民間初の有人打ち上げに成功しました。


民間初の打ち上げ成功はもちろん偉業ですがそれよりも機体や操縦室内がSF映画を超えるほどの未来感です。↓

マルチモニターの下に車のインパネ程度の極めてシンプルな操縦室は従来の計器に埋もれた宇宙船とは全く違う新世代のビジョンを大胆かつスマートに具現化してます。なんというかやっと2001年宇宙の旅を超える未来が現実のものとなった感じです。そしてもう一つ驚異的なのがあまりクローズアップされてませんが無人船OCISLY (Of Course I Still Love You) へのロケットブースターの垂直着陸も難なく当たり前のように成功していること。

昔TVでサンダーバード3号が帰還するときに垂直に着陸するのを見て小学生ながらに「ロケットでこれは無理だろ….」と思ったのはどうやら間違いだったようです。

やはりやる気と情熱があれば夢に見た未来は切り開けるようです。さすがイーロンマスク。火星への有人飛行もそう遠くない感じがしてきました。

そしてさらに注目のISSへのドッキングは本日、5月31日午後11時27分ごろから。

ポルシェミュージアム

koishiです。一度は訪れてみたいと思っていたポルシェミュージアムが本日、WEB上でミュージアムツアーを公開しました。ドイツに訪れなくても最新の館内を体験できる貴重な公式動画です。(スマホ/タブレットを前提としているため縦型画面です。なのでスマホで縦フルスクリーンで見ることをお勧めします)そしてなんと日本語で案内してくれています↓

https://newstv.porsche.com/en/article/150505.html

先日このブログに書いたバーチャル展示会方式でなくナビゲーターがしっかりと直接各国の言葉で案内するのは現地にいるようなライブ感とプレミア感を重視したためでしょう。なので主要な各国語バージョンが何種類も用意されてます。↓

https://newstv.porsche.com/en/

今は大抵の場合機械翻訳の字幕で済ませるところですが人間的なところをしっかり重視している企業としての姿勢がよく表れてます。

https://www.porsche.com/museum/en/

バーチャル展示会

koishiです。コロナの影響で世界中の展示会は軒並み中止になりさらに日本はオリンピック延期で来年も会場が使えないため1年後のスケジュールさえも不透な状態です。展示会関連の業者には度重なる厳しい状況が続いていますね。そんな中、代替策として各社がバーチャル展示会やWEB発表に切り替える動きが活発化しています。

直前で中止になったジュネーブモーターショーの代わりにフォルクスワーゲンは期間限定でバーチャルブースを公式発表しました。(現在は公開期間終了してます)

↓メルセデスプレス発表

↓マクラーレンのWEB発表

ジュネーブモーターショーのプレス発表はWEBに切り替えられたため今でもネット上で見ることができます。↓

https://www.gimsvirtualpressday.ch/

日本では中止になったモーターサイクルショーの代替としてホンダもWEB上でブースを再現しています↓

https://www.honda.co.jp/motorcycleshow/

9月とまだ少し先の展示会ですが例年盛り上がりを見せる東京ゲームショーもオンライン開催に切り替えるようです↓

https://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2020/

バーチャルブースをWEB上で表現する手法は以前からありましたがこれで今後この勢いに拍車がかかるかもしれません。まだほとんどが現実のブースを簡易な3Dイメージに置き換えただけなので随所に違和感が感じられますが今後高速回線の5Gが普及してVRやタブレット、スマホの性能が上がればもっとリアルなそしてバーチャルでしかできないような今までにないブースデザインや表現が可能になるはずです。

テック業界ではあのAppleが6月恒例のWWDCをオンライン開催に切り替えてます↓

https://www.apple.com/jp/newsroom/2020/03/apples-wwdc-2020-kicks-off-in-june-with-an-all-new-online-format/

毎年、CEOが壇上に立って業界関係者の前でプレゼンしてましたが今年はどんな方式になるのでしょうか。そして新OSの発表以外にも例の「one more thing」が出るか気になります。