Message

2021年デザインメッセージ

昨年冒頭のメッセージで、「ゼノデザインは、この複雑、不安定なこの世界で、デザインができることを探し続けたいと考えています」と結びました。奇しくも、2020年は誰もが予想しえない「複雑な年」になってしまいました。日々を安全に暮らすために、ここまで緊張感が必要になってしまうとは、だれが想像したでしょうか。2020年を境に、今まで使っていた価値を測る物差しが使えなくなってしまったのです。逆に言えば、そんな現場に立ち会える機会はめったにないとも言えます。そんな時代にデザインは何ができるのでしょうか?

ゼノデザインは、「こだわりに、こだわらない」をデザインフィロソフィーにしています。真意はデザイナーのこだわりが、かえってデザイン表現を窮屈にしていないかとの自戒を込め、あえて挙げているメッセージです。2020年を経験したことで、「こだわりに、こだわらない」をさらにバージョンアップする必要性を感じました。つまり「こだわりに、こだわらない」すらこだわらない姿勢こそが、この時代に相応しいのではないかと考え始めました。予想のつかない時代に、固定的で自由の効かないデザイン的こだわりはかえって時代を見誤ってしまうのではないでしょうか。昨年のデザインメッセージでも取り上げた、欧米のビジネストレーニングにアートが取り上げられているという事実こそ、今までの定量的な価値判断が機能しなくなった証拠です。これからは、ビジネスもデザインも固定観念を持たないという姿勢が大切であると、ゼノデザインは考えています

代表 山中 道男

プロダクトデザイン

ゼノデザインの仕事の中で最も多くの割合を占めているのが家電製品などを代表とするプロダクトデザイン(工業デザイン/インダストリアルデザイン)です。ゼノデザインでは20年以上にも及ぶ経験を活かしベビー用品から各種産業機器まで幅広い様々な製品のデザインを手がけています。

GUIデザイン

物理的なボタンやダイオード等の組み合わせだった工業製品の操作パネルが液晶や有機ELなどのタッチパネルに急速に移行しつつあります。
そのためこの数年でGUI(グラフィックユーザーインターフェース)デザインのご相談/ご依頼が飛躍的に増えています。日々大型化する画面サイズに伴い情報量も拡大し、GUIデザイン が今では製品の顔ともいえる重要な要素となりました。ゼノデザインでは長年のプロダクトデザインの経験を生かしながら製品に最適なGUIデザインをご提案します。

Design seminar

デザインセミナーやトレーニングもお任せください

例えば、効率や時間に追われがちな日常業務から離れてクリエイティブになれるヒントやきっかけを見つけ出したり、普段気軽に聞くことのできない素朴なデザインに対する質問や疑問を全員で話し合ったりなど専門的な内容から日常的な話まで幅広く活動しています。

1.企業内デザイン室(産業機器)のサポート
→デザイナーの育成とリフレッシュをかね定期的にゼノデザインへの短期留学を受け入れ

2.設計部(産業機器)のサポート
→ 設計者のためのデザインセミナーの開催

3.設計部(物流機器)のサポート
→プロダクトのカラーリングシナリオの制作

4.開発部(建築資材)のサポート
→セールス用に、設置場所の背景や顧客ロゴマークを配置したCGを制作

5.技術研究所(通信)の商品開発をサポート
→通信・セキュリティーなどの基本アイデアを具体的な商品とするためのシナリオ提案

Company info

 
商号:有限会社ゼノデザイン
 
業務内容
・インダストリアルデザイン
・インターフェイスデザイン
・カラーリング・グラフィックスデザイン
・パッケージデザイン
・デザインコンサルティング
・展示会ブースデザイン・施工
・デザインモデル製作
・建築/インテリアパース、各種CG製作

設立:1993年4月
代表:山中 道男
住所:〒112-0004 東京都文京区後楽2-2-20 井上旭門ビル2F
TEL: 03-5805-0981 FAX: 03-5805-0982

 

◆デザインに関するご相談やご依頼は下記の電話もしくはメールにてお気軽にお問い合わせください。

TEL :  03-5805-0981
mail :  info@xenodesign.co.jp