ゼノデザインについて

2020のデザインメッセージ・ビジネスはアートを目指す

昨年、経済産業省から、デザイン経営宣言という提言が報告書という形で発表されました。

https://www.meti.go.jp/press/2018/05/20180523002/20180523002.html

ご存知でしたでしょうか?これには少し驚かされました。その冒頭に、【経済産業省・特許庁は、デザインによる我が国企業の競争力強化に向けた課題の整理とその対応策の検討を行い、『「デザイン経営」宣言』として報告書を取りまとめた】とありました。永くデザインに携わっていますが、ここまで強いメッセージで、デザイン経営を取り入れなければ国際舞台で負けますよという提言は初めてです。詳細については読んでいただくとして、重要なのは、デザインの技術ではなく、デザイン経営だという点にあります。従来ではデザイナーを使って製品開発を進めようでしたが、このデザイン経営宣言では企業の経営にデザインが不可欠だと踏み込んでいます。少しばかり驚きましたが、やっと日本もここまで来たのかという感慨も大きいです。

しかし、世界はさらに進んでいます。山口周氏の著書「世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか?」にこう紹介されています。「英国のファイナンシャルタイムズが、いわゆる伝統的なビジネススクールに出願数が減少傾向にある一方で、アートスクールや美術系大学によるエグゼクティブトレーニングに多くのグローバル企業が幹部を送り込んでいる、と報じている。」この現象は、MBAで学ぶような分析的なスキルより、複雑で不安定な世界では美術系大学で学ぶような創造的なスキルのほうに関心が高まっていることによります。経営を数値で計測することには限界がでています。その数値では表せない価値をスケッチや言語化して見えるようにするのはデザインの得意とするところだからです。

ゼノデザインは、この複雑で不安定なこの世界で、デザインができることを探しつ続けたいと考えています。

代表 山中 道男

プロダクトデザイン

ゼノデザインの仕事の中で最も多くの割合を占めているのが家電製品などを代表とするプロダクトデザイン(工業デザイン/インダストリアルデザイン)です。ゼノデザインでは20年以上にも及ぶ経験を活かしベビー用品から各種産業機器まで幅広い様々な製品のデザインを手がけています。

ブースデザイン

ゼノデザインの強みは製品のデザインだけにとどまらず製品のロゴやパンフレット、パッケージ、そして展示会のブースデザインまでも手掛けることです。展示会を一つのお祭りと考え常に来場者目線でブースをデザインすることで他社とは一味違ったブースデザインを御提案します。

一般的に、展示装飾業者は大変手際よく、効率的にブースを制作します。ところが、私たちは工業デザイナー的もの作りの視点で、ブースデザインをするため、時に大工さんにご苦労をかけてしまうことがあります。これは、私たちが効率よりもクリエーティブを優先するからです。同じ手法を繰り返すほうが工期やコストの点で安心ですが、楽しくありません。この「楽しく」はデザイナーだけでなく、お客様に共感していただくことが大切です。完成された楽しいブースに湧き出す感情は必ず周囲、来客者に伝わります。楽しい・わくわくする感情は不思議と来場者に伝わって、ブースの印象につながります。結果、それがお客様の展示会開催の成功に結び付くのです。

 

XENO BLOG

Electric motorcycle

コロナ過の中、晴れた日にはバイク通勤で感染リスクを減らしているitoです。 先日「日本政府がガソリン車の新車販売を2030年代半ばに禁止する方向で最終調整に入った」というニュースがありましたが、世界各国も欧州や中国をはじめアメリカのカリフォルニア州などが、おおむね2030年から2035年をメドにエンジン車販売禁止を打ち出しています。それに伴い近年EVやPHVなど自動車の電化に関するニュースは多く、新しい日産のノートなどもe-Powerを全面に出してアピールしています。 一方バイクの世界でもeuro5やeuro6といった新しい排ガス規制によりそれを乗り越えられないモデルは次々と生産中止になって行きそうです。それに対しこれまでのバイク電動化は海外では多少大きなものもありましたが、国内では主に原付レベルのものがほとんどであまり選択肢もありませんでした。特に大型のバイクは趣味性が高くバッテリーの持ち航続距離などと価格の釣り合いを取るのが難しいものと考えられます。そんな中、ハーレーダビッドソンから電動スポーツバイクの「LiveWire」の予約販売が始まり、今週末12月6日まで東京の神田明神にて日本初展示を行っています。 ハーレーと言えばあの独特のサウンドと振動が特徴と思いますが、この動画を見る限りはロードノイズと風切り音、ヒューっという加速音しかしていませんね。クラッチも不要でスロットルをひねれば即座に100%のトルクを発揮し、約3秒で100km/hに到達するそうです。外観デザインは意外にオーソドックスなイメージですが、メーターのインターフェイスや充電ポートあたりのデザインは新しさを感じます。約350万円という本体価格とともに果たしてこの新しいLiveWireはハーレーファンにはどのように迎えられるのでしょうか。 ワタシは残念ながら普通二輪免許なのでこれには乗れません。

連邦軍のモビルスーツ

koishiです。連邦の白いヤツどうやら完成した模様です。建造中の時よりもかなり動作が早くなってます(マグネット・コーティングであと3割は確実に速くなりますね…) 何がすごいってこの大きさと内容で造形がアニメのイメージ以上によくできている点はもっと評価されてもいいのではないでしょうか。昭和世代のおもちゃや遊園地のアトラクションなどは作り都合優先で妙なデフォルメ化された結果、微妙にコレじゃない感が漂ってるなんてのが普通でしたからね。 動きをよく見ると予想以上に可動する部品が多く複雑な構造です。特に足の付け根のあたりや太ももは興味深い動きをしてます。RX-78の形そのままでアニメと同じ動きをさせるのは現実的に不可能なのでかなり工夫(苦労)した様子がうかがえますね。実際の機構部品を入れつつ見た目をイメージ通り違和感なく仕上げるのは至難の業だったはずです。現物を早く見てみたいですね。 できれば周りを吹きっさらしではなくもう少しホワイトベース風に作りこんでほしい気がしましたが欲を言いすぎでしょうか…

b8ta新宿

先日新宿のヨドバシカメラで人生初の電動アシスト自転車(チャイルドシート付)を購入した、kamotoです。整備待ちで時間を持て余したので新宿のb8taに寄ってきました。 https://b8ta.jp/ やはりこのご時世で需要があるのか、空気清浄機の新興メーカーが2社出展していました。どちらもシリコンバレーで開発された空気清浄機だそうです。MoLEKURE社の空気清浄機には某高級オーディオメーカーのポータブルスピーカーのような革製のストラップが付いています。ポータブルスピーカーが流行ったように、空気清浄機をスタイリッシュに持ち運ぶ時代がそこまできています。 ネスプレッソの新商品も展示されていて試飲しながら店内を廻れるらしいので、1杯作っていただきました。今回の新商品は遠心力で抽出する方式のようで、クレマが非常に濃く滑らかで美味しかったです。何よりも驚いたのはカプセル(フレーバー)ごとに合った回転数や湯量で抽出できるように、各カプセルに印字されたバーコードを読み込んで自動で適切な設定してくれる機能です。 コーヒー関連でもうひとつ気になったのが、コーヒーメーカーとタンブラーが一体になった「Sablier(サブリエ)」です。ネスプレッソとは違いドリップタイプのコーヒーを淹れることができ、ひっくり返すことでそのままタンブラーとして持ち運ぶことができるという、クラウドファンディング発の商品だそうです。コーヒー粉とお湯を注いで数分待ったらひっくり返して出来上がり、なのだそうですがなぜひっくり返す必要があるのでしょう…粉は捨てたほうがいいような気がします。(山中社長曰く、そんなことしたらティーパックを入れっぱなしにしておくようなものなので、どんどん美味しくなくなるはず!とのこと)もしかしたら逆戻り機能があるのかもしれませんが、そこまでわかりませんでした。「ひっくり返す」という新しい『体験』という意味では面白い商品だと思いました。 こちらもクラウドファンディング発のホットプレート「abien MAGIC GRILL」です。厚さ3mmのプレートとスタンドのみという大胆な構成で、ここまで割り切ったデザインはなかなかできるものではありません。火傷の心配はありますが、たこ焼きももんじゃもやらない、肉を焼いたら結局油ははねる!だから焼くだけならこれで十分!そんな気概を感じました。オプション品や余計な機能が付かない分、シンプルで非常にスタイリッシュにまとまっているなと思いました。 こちらは定期的に展示物が入れ替わるので訪れるたびに最新のプロダクトが体験できます。家電量販店など、一般的な店舗には並ばない製品ばかりなので、毎度楽しませてもらっています。

会社概要/お問い合わせ

商号:有限会社ゼノデザイン
業務内容
・インダストリアルデザイン
・インターフェイスデザイン
・カラーリング・グラフィックスデザイン
・パッケージデザイン
・デザインコンサルティング
・展示会ブースデザイン・施工
・デザインモデル製作
・建築/インテリアパース、各種CG製作

設立:1993年4月
代表:山中 道男
住所:〒112-0004 東京都文京区後楽2-2-20 井上旭門ビル2F
TEL: 03-5805-0981 FAX: 03-5805-0982

◆デザインに関するご相談やご依頼は下記の電話もしくはメールにてお気軽にお問い合わせください。

TEL :  03-5805-0981
mail :  info@xenodesign.co.jp