iPadAir/Watch→iPhone→One more thing.

koishiです。来週の11月10日にAppleのスペシャルイベントが案内されました。

このところ発表会の続いたAppleですが今年はこれで締めくくりのようです。内容は120%既報の通りApple Siliconを採用したMACの発表です。大幅な規格変更ですが長年のAppleユーザーであれば毎度のことなので問題ないでしょう。PowerPCの時は苦労してましたが資金力のある今のAppleであればベンダーの影響を受けずに独自展開が可能になるので好意的に受け入れられるのは間違いない状況です。intelやAMDを超えるプロセッサを送り出すことができるか、そしてこの動向を受けてWINDOWS陣営がどう動くかに今後注目です。

先月発表された話題の新型iphoneは以前のような直線基調にもどり好評のようです。
これでiPhoneはiPadとともに直線基調に統一されたわけですがデザイナーとして気になるのは唯一Apple Watchは基本形状がいまだ初代のままであること。なのでApple Watchも近いうちにフルモデルチェンジが控えているはずで必然的に表示エリアを拡大するためベゼルの薄いデザインで曲面を用いた画面&本体に刷新されるかと勝手に予想してます。

次期AppleWatch?予想図

思えばApple Watchが発表されたのは6年前、史上最も売れたiPhone6と同時に発表されました。当時驚きだったのが秘密主義のアップルが世界一プレミアの付くプロダクトデザイナー、マークニューソン氏の加入を発表したこと。内情を明かすことのないAppleにしてはかなり異例のことでWatchのブランドを作り上げるために今までとは違った手法を積極的に取り入れていた時期でした。

iPhone/Watchともに共通したこの丸いデザインはiPhon11まで脈々と引き継がれるわけでマークニューソンの未来感とAppleのシンプルさが上手く調和した非常に完成度の高いデザインです。(現行のSEがいまだ当時そままのデザインなのがそれを証明してますね)個人的にはこのデザインのほうが手になじんでスワイプもしやすいので好みですが皆さんの評価はいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です