iPhone12 mini 届きました。-開封編-

sugitaです。予約していたiPhone12 miniが届きましたので今回は開封レポートをさせて頂きます。

早速開封していきます。
一番外側のフィルムを剥がして上蓋を開けると、いつも通り一番にiPhoneが姿を見せました。iPhone11に引き続き背面からですね。よく考えてみるとAppleロゴが一番目に見えてくるのが自然な気もします。

付属品はACアダプターとイヤホンが廃止されたこともあって、全体的にちょっと寂しい印象です。しかし、伝統のAppleロゴシールは2枚から1枚になったといえ、今回も付属しています。使い道がいまいちわからないのですが、入っているとなぜか嬉しいのがこのシール。

ちなみに付属のLightningケーブルはタイプCでした。残念ながら私の家にはタイプC対応のパソコンがないので、使うことができません。確実にタイプCが世に浸透してきていますね。そろそろパソコンも替え時なのでしょうか。

本体を持ってみた感じとしては、前回ブログにアップしたモック通りの持ちやすさでした。それにしてもこのベゼルの薄さは、iPhone12初見の私にはかなり新鮮に見えます。本体はコンパクトですが画面が小さいと感じることはありませんでした。

親指が画面の隅まで届くことが、miniを選んだ理由です。期待通り隅まで指が届くので、今まで使っていた6.1インチのiPhoneXRよりもオプション表示、通知センターを開くのが容易になりました。

以上開封レポートでした。

ただ今のところ残念な点が一点、それは保護ケースとガラスフィルムを同時に装着するとロック画面での反応が極端に鈍くなるという症状です。現在メディアにも多く取り上げられているiPhone12 miniのみ起きている症状のようで、本体ケースと保護フィルムの厚みの影響で、画面に電気が流れなくなることが原因(アースの問題)という説が浮上しています。薄い0.15mm厚のガラスフィルムだと問題なく反応したという情報もありました。なので私はガラスフィルムの代わりにプラスチック製の薄い保護フィルムに取り換えてみたところ現状は問題なく動作しています。ほぼ全てのminiで同じ症状の報告があるようなので、今後Appleから何かしらのアップデートがあるかもしれません。

こんな感じの症状です↓

後ほどiPhone12 miniの使用レポートをアップする予定です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *