OXOコーヒーグラインダー

コーヒーグラインダーマニア山中です。

先日、長く使っていたメリタのコーヒーグラインダーのパーツが劣化してしまったので、止む無く引退を願うことにしました。

そこで、いろいろな製品を見比べた結果、OXOコーヒーグラインダーを購入しました。価格は1.8400円でした。OXOは1990年アメリカで創業された家庭日用品のメーカです。デザイナーの起用に熱心で世界のデザイン賞を多く受賞しています。どの商品もユニバーサルデザインについて考えられていて、いわゆるデザイン家電とは一線を画しています。

https://www.oxojapan.com/our-roots

OXOのコーヒーグラインダーを選んだ第一のポイントは、挽いたコーヒ豆を受けるカップがステンレス製だった点です。

以前使っていたメリタのコーヒーグラインダーはプラスチック製なので静電気がカップに帯電し、カップを開けるときに周囲に飛び散ります。これが、なかなか厄介で、毎回キッチントップをきれいにしなくてはいけません。さらに、カップに付着したコーヒーのかすを清掃すればするほど静電気がカップに帯電します。その経験から、コーヒー受けのカップはガラス製か金属製であることが条件でした。

実際使ってみると、予想通り静電気は少ないようでした。コーヒーをドリッパーに移す際にも飛び散りは少なく、ステンレス製カップに残るコーヒもほんの少しでした。

操作は他メーカーと大差ありません。特筆すべき点は作動音です。メリタと比べ圧倒的に静か!これは本体の大きさがメリタより一回り大きいため、共振がうまく抑え込まれているようです。

部品を外して行うお手入れもきちんと考えられていました。パーツを外す際の手がかりも大きく、あまり力を入れなくてもカチッと外れます。

もう少し使ってみると気が付く点があると思います。でも現状ではいい買い物したと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です