Generative Design

koishiです。Autodeskが推進する「Generative Design」。日本語で言うと「生成デザイン」になるそうですがいわゆるコンピューターによるデザインでパラメーターを入力すると理想的なデザインを自動的にいくつも提案してくれるまさに未来のものづくりを予感させるシステムです。コンセプト自体は昔からありましたがチタンの3DプリンターやNCを使うことでより理想的な形状が可能になってきたことにより一気に現実的になってきました。

まだ実験的なプロジェクトが大半ですが上記のSRAMのクランクはもうすでに実用レベルに達しているのようなのでGenerative Designによって生まれた製品が日常的に使われるようになるのもそう遠くはなさそうです。そのうち人間のデザイナーは不要になるかもしれません….

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です